不退転の決意 意味 – 「不退転の決意」 : 日本語

「不退転」の意味は?

「不退転の決意」の意味は堅固に意志を固めて、けっして志を曲げたり屈したりしないと誓う心意気のこと。Weblio辞書では「不退転の決意」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

「不退転の決意」の意味と使い方
「不退転」の読み方と意味

「不退転」の言葉の意味や使い方はご存知でしょうか。 「不退転の決意で臨む」や「不退転の覚悟で取り組む」といった使い方をする言葉で、ビジネスシーンに限らず、政治や選挙、ニュースの報道でも見聞きしますよね。

「不退転」の意味と使い方

不退転の決意とはどういった意味ですか。某政治家は「不退転の決意で望む」としゃべりましたが。 「不退転」とは「志をかたく保持して屈しないこと」「決意」とは「自分の意志をはっきりと決めること」「望む」とは「

Read: 26230

不退転(ふたいてん)とは。意味や解説、類語。1 信念を持ち、何事にも屈しないこと。「不退転の決意」2 「不退」に同じ。 – goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

故に、仏教の言葉としての意味を考えると、「不退転の決意」というのは、いささか違和感を覚える事も御座います。 「不退転」と言う事は、もうすでに定まっていて、更に自分の計らいでは御座いません。

「不退転」という言葉はどのような意味で使われているかをご存知ですか?政治家や力士の間ではお馴染みの言葉であり、口にしている様子をテレビなどで見かけますが、ビジネスで用いられることもあります。 そこで今回はこの「不退転」の意味を理解して正しく使えるよう解説していき

「不退転」とは?意味や使い方を解説! 「不退転」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「不退転」について解説します。

日本相撲協会を相手取った貴乃花の決意を「不退転」と表しているのでしょう。 不退転とは この「不退転」という言葉は現代では「決して屈しない」という意味で使われていますが、元々は仏教で使われる

「不退転(ふたいてん)」は「信念を持ち絶対に屈しない」という強い意味を持つ言葉です。耳慣れない言葉ですが、ニュースでよく見かける言葉です。そこで本記事は「不退転」の意味や正しい使い方、類語や四字熟語も解説します。ぜひ参考にしてください。

著者: Bansan

「不退転」とは、どのような意味を持つ言葉なのでしょうか? 不退転という言葉はたまに使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。

選挙や政治、ニュース報道で耳にする言葉に「不退転の決意」「不退転の覚悟」との言葉があります。日頃使うことの少ない言葉ではありますが時としてビジネスの現場でも使われることがありますね。今日はビジネス敬語としての「不退転」の意味と使い方を考えてみたいと思います。

政治家は簡単に 「不退転の決意」 ということばを口にするが実行されたためしは少ない. 例文帳に追加. Politicians too often promise publicly that they will do something “with indomitable resolve”, but they seldom keep their word. – 研究社 新和英中辞典

「不退転」の意味を英語で表すには、indomitable や grim を用います。ちなみに、grim には「不愉快な」という意味もあるので注意しましょう。 例えば、「不退転の決意で~する」は、 “do ~ with indomitable resolve.” のように表現することができます。

不退転の決意で来年こそは勝利を勝ち取ろう. ここで勘違いされたくないのではっきりと言っておきます。 たまにこれが本業だと思われてしまうのですが、弊社はWebコースで成り立っている会社ではありま

「不退転」の語源は仏教語なのですが、その意味合いは少し違っていて「努力し修行をすれば不退転の境地になる」と言われ、この「不退転の境地になる」というのは「阿弥陀様のお力によって、絶対に揺るぎない幸福の状態になる」ということで、一生懸命努力を惜しまず、後戻りせず修行を

不退転の意味とは ために、この言葉には前向きな意志や信念を示すようになりました。一般的にこの言葉は不退転の決意や不退転の覚悟などという組み合わせで使われることが多く、決意表明の場面でも多く使われています。

不退転の決意が必要#2 | 【勉強のお時間です】Weekdayコンクリートブログ コンクリート主任技士と診断士の勉強ならモリマサノblog この意味をリアルに体験された方から、すでにWebコースのお申し込みが来ております。 という決意の表明なのかなと感じ

「不退転の決意」とは、志を固く保持して、決して屈しない決意という意味です。 「不退転の決意で、この難局を乗り切る所存」などと、政治家の演説によく登場する言葉です。

「不退転の決意」の用例・例文集 – だが、ふたりとも同じ不退転の決意のほどがしのばれる様子をしていた。 不退転の決意でここにいることを、せめて眼差しで伝えるしかなかった。 その不退転の決意を示すかのように、参謀長の更迭を実現させた。

始めにも触れたように 「辞さない」 という言葉には、 「不退転の決意」 が込められています。 このような立場に置かれている人や、国、組織は、とても苦しい状況にあることが分かります。

「不退転の決意」の本来の日本語の意味もあるでしょうが、 あくまでも個人的に Masakiさんのおっしゃりたい内容を くみ取ってみますと、 ① There will be no second chance. 「二度目(=やり直し)は無い」 ② There will be no going back. 「後戻りはきかない」

消費増税を柱とした社会保障と税の一体改革を「不退転の決意で臨む」とされました。 不退転という意味は、なんとなく解りますが、難しい言葉ですね。漢語から引用されているようです。 政治家は漢語をよく使われます。

政治家は漢語がお好き。何故漢語を使うのか?漢語を使うと知的で意味が分かりにくい。その曖昧さが好都合。「不退転の決意で臨む」と言うがどんな決意なのか? 「不退転」とは、 「志をかたく保持して屈しないこと(広辞苑)」

以前政治家が「私は不退転の覚悟で臨みます」と言っていました。 退は”しりぞく”、転は”ころがる、ころげる”という字ですから、何があっても屈しないという意味の言葉です。 そもそもこの「不退転」という言葉は経典に出てくる言葉です。 経典では不退転はどのような意味で使われている

《〈梵〉avinivartanīyaの訳》仏語。 1 仏道修行の過程で、すでに得た境地から後戻りしないこと。 不退転。 2 退くことなくいつも修行すること。 善根を重ねて、退いたり失ったりしないこと。 不退転。

「即」は「すぐに」とか「すなわち」という意味でおなじみの漢字ですが、「(地位や位置に)つく」という意味もあります。 「即位」はまさに「位につく」という意味の言葉だということになりますね。

政治家は漢語がお好き。何故漢語を使うのか?漢語を使うと知的で意味が分かりにくい。その曖昧さが好都合。「不退転の決意で臨む」と言うがどんな決意なのか? 「不退転」とは、 「志をかたく保持して屈しないこと(広辞苑)」

デジタル大辞泉 – 不退転の用語解説 – 1 信念を持ち、何事にも屈しないこと。「不退転の決意」2 「不退」に同じ。

「立憲民主語あるいは国民民主語」へようこそ!ここは立憲民主党や国民民主党の議員が用いる独特な言葉・特殊な意味を持つ言葉などを紹介するページで、かつて「民主語」や「民進語」だった場所です。旧・日本民主党から続く諸政党所属議員による悪政を忘れないために作り続けています。

「不退転の決意」って、なんですか? 「不退転」とは、「志をかたく保持して屈しないこと(広辞苑)」 仏教用語で、「退くことのない位。仏道修行の過程で、既に得た功徳を決して失うことがないこと。いったん達した位

「不退転の決意」というのは決意表明でよく使われる言葉ですよね。 しかし、この「不退転」が実は仏教に語源があるということはあまり知られていないかもしれません。 不退転とは、文字通り「退転しない」ということ。

「不退転」も、仏教用語・仏教由来の言葉であり、仏教の言葉として頂くと、特に浄土仏教においては「不退転の決意」と言われると、首をかしげることも御座います。 不退転の意味は、「退転する事がな

また紙切れに書いた「メモ」です。「不退転の決意と覚悟」4・16(土)新聞に書いてあったようなどういう意味なんだろう?・・・・・・今日は朝から雨でした。ラジオ体操は屋根のあるところに移動してやりました。軒下からツバメが飛んでいって戻って2羽いるようです。

[PDF]

グリーンコープは、市民の手で風力などの発電所をつくり、不退転の決意 で、「脱原発」に向かいます。 ての意味を失わず、人と人が信頼しあって、また、助け合って、ともに生きる社会を生み

《〈梵〉avinivartanīyaの訳》仏語。 1 仏道修行の過程で、すでに得た境地から後戻りしないこと。 不退転。 2 退くことなくいつも修行すること。 善根を重ねて、退いたり失ったりしないこと。 不退転。

「即」は「すぐに」とか「すなわち」という意味でおなじみの漢字ですが、「(地位や位置に)つく」という意味もあります。 「即位」はまさに「位につく」という意味の言葉だということになりますね。

胸の真ん中に彫られた文字が 「不退転」 です。政治家がよく「不退転の決意で~」と言いますが、意味は 信念を持ち、何事にも屈しないこと です。 へそ回りの英文

【経営者インタビュー】不退転の決意で店舗改革にチャレンジ 「グループの全体力」生かしデジタル戦略も強化へ/(株)松山三越 社長の浅田 徹さんへのインタビュー記事です。

【不退転】は、仏教用語で、修行によってたどり着いた位置から後戻りをしない、という意味です。 「不退転の決意」とか「不退転の覚悟」などの表現で固い志を持って退かないことを 言います

決意とは、そんな軽い言葉ではないはずだ。国民の求めるまず「自ら」とは、そんなものではない。これまで、散々甘い汁を吸ってきた「国会議員や公務員たちから身を切れ」と言っているのだ。 不退転とは、退路を断って前に進むことではないのか。

楽天の三木谷社長が使っていた「不退転」という言葉は、これまであまり聞いたことのなかったような気がするのですが、よく使われる言葉なのですか?実例などがありましたら教えて下さい。よろしくお願いします。こんばんは、疑問はつきま

「不退転」の言葉の意味や使い方はご存知でしょうか。 「不退転の決意で臨む」や「不退転の覚悟で取り組む」といった使い方をする言葉で、ビジネスシーンに限らず、政治や選挙、ニュースの報道でも見聞きしますよね。

「不退転」 胸の中央に刻まれた「不退転」の文字は彼の好きな言葉の一つでしょう。 「何事にも屈しない・励み退かない」といった意味があります。 「音」 右肩に刻まれたのは「音」です。音楽に身を委ねたアーティストとしての決意が見えます。

貴親方 不退転の決意、10・1臨時理事会で退職正式決定へ 退職を意味する「引退届」は、弁護士が相撲協会の会員規則の文言にのっとって作成

学校の先生や会社の上司から「今回の件は真摯に受け止めるように」と言われて、戸惑ったことはありませんか?今回は学生・社会人問わず大人として知っておきたい「真摯に受け止める」という表現の正しい使い方、文例、類義語を整理します。

真面目に取り組むという意味を持つ言葉、真摯に受け止める。ビジネスシーンでは、反省する時に使われる言葉ですが、正しい使い方を知りたい人も多いはず。今回は、真摯に受け止めるの意味から正しい使い方、丁寧な例文まで詳しく解説。類語まで確認して、敬語のレベルをupさせよう!

不退転とは、後退したり屈したりしないこと。「決意」という言葉と仲が良く、しばしば「不退転の決意で臨みます」というような発言が政治家などから聞かれる。しかし「決意」はとても浮気っぽいので、あれほど「不退転」と誓い合ったのに、ちょっとした困難があればすぐにくじけて、他

弥陀の本願に「若不生者」と誓われている意味を、お釈迦様は「即得往生 住不退転」と説かれています。 親鸞聖人は、 即得往生 住不退転 (即ち往生を得、不退転に住す) について、次のように釈尊の真意を開顕しておられます。

“還暦の指揮官”原辰徳の不退転の決意白球つれづれ2019~第2回・返り血覚悟の大補強新年早々、原・巨人に逆風が吹いている。昨秋に監督就任以来、怒涛の大型補強。faで広島から丸佳浩、西武から炭谷銀仁朗を獲得したばかりか、さらにオリックスを自由

「暗中模索」という言葉をご存知でしょうか。「暗中模索のまま」「暗中模索の状態」などと、ニュースなどで聞いたことがあるという方も多いかと思います。では、「暗中模索」の意味についてきちんと理解しているでしょうか。使ったことがある人も、具体的な意味や適切な使い方について

不退転の決意で臨む。26日のJ2開幕まであと3日に迫り、今季から就任したモンテディオ山形・木山隆之(たかし)監督(45)が、意気込みを語った。

ちなみに不退転(ふたいてん)とは、固い信念を持ち、何事にも屈しないことです。 resolution は「決意」という意味です。 unwavering も unflagging も resolution を修飾していますので、 his unwavering and unflagging resolution は、「(新リーダーの)ブレることのない不

それは、決してあきらめることなく、絶対やり遂げるという決意で、臨みます。やり抜きます。という意味です。それが、「不退転」です。 「愛そのものである」境地から、後退することがなくなった場合に、「不退転」の境地に至ったと言えるのです。

「不倶戴天」と「不退転」とは、何の関係もありませんが、ここで並べて取り上げたのは、 テレビのホームドラマで、こんなシーンがあったからです。 若い女の子:a(勢い込んで)、「私はやるわよ、フグタイテンの決意よ!

まず「不退転」というのは「途中で挫折しない」という意味です。つまり「途中で挫折してしまうような、弱い気持ちではなく、必ず成し遂げるという強い決意を持って事に臨みます」という意味になりま

『決意』の例文 例文としては 「何事にもへこたれない不退転の決意で作業に取り組む」 「自己嫌悪しないことを決意した」 といった意思表示のような 心のなかで曲げたくないものに対して使うと良さそうです。 『決意』の対義語