戦車 装甲 材質 – 戦車用砲弾 APFSDS HEAT

概要

May 30, 2017 · 第二次世界大戦時の戦車に使われていた装甲板の材質について質問です。第二次世界大戦時の戦車において、当時画期的な装甲板を持つ戦車として挙げるなら、ソ連軍の戦車、t-34が有名だが、では質問です。 第二次世界大戦

Read: 438

また、装甲の質に関しては、鋲接(リベット接合)の九七式中戦車の装甲は浸炭処理された表面硬度の高い第二種防弾鋼板であり、溶接の三式中戦車の装甲は表面焼入された第三種防弾鋼板となっており、装甲の材質や装甲表面の処理の違いにも留意する

全幅: 2.334 m

物理学 – 現在、戦車などの装甲に利用できるもっとも強力な合金の素材はなんでしょうか? 素材名、各金属の配合比率など、初心者の自分でもわかるようご教示いただければ幸いです。

推測でしかありませんが、現在考えられる最も強力な装甲に使用できる合金、と言う事ですと「DU」、すなわち減損ウランと言う事になるだろうと思います。チタン、と言う意見も多いようですが、実のところ「チタンは軽過ぎて戦車装甲向きではない」んですね。
現在、戦車で最も多く使われているのがDUを使った>初心者の自分でもわかるよう
といわれても,戦車の装甲は開発当事者でなければ判らないものなので,外部の人間は専門家でも推測するしかありません。
戦車の装甲は潜水艦の最大潜行深度と並んで,最高レベルの軍事機密の1つになるので,第二世代戦車までならともかく,第三世代以降の戦車はどこの国も装やはりこれは公表できない「秘密」の情報です。
「極秘」なのか「機密」なのかはわかりませんが、装甲の素材の情報が敵の手に渡ると、戦略的に不利になるからです。
その世界で一般的に言われているものは、恐らくジャーナリストなどの推測によるものと思われます。
なので正確な情報ではありません。先日、スカパーで米軍のM1A1のリフレッシュ過程を放映していました。現時点では、M1A1の新規製造ラインは存在しないそうで、故障したM1を完全解体して、故障箇所を修理し、磨いて・再塗装していました。さすがに武装関連工場は、機密なので紹介されていませんでしたが・・・。
そして、いままで貫通さ逆説的回答ですが、戦車装甲を攻撃する砲弾として劣化ウラン弾があります、ただ蒸発気化、微粒粉塵化し残留して、人体に深刻な、放射線障害を引き起こします、某国の戦争で使用され、子供たちに被爆蓄積されている新聞記事を読んだことがあります。
駐留米軍が、沖縄諸島の無人島で劣化ウラン弾を試射処分したこあまり詳しくはないのですが
今の戦車砲や対戦車ミサイルの性能だと
金属の装甲はかなり厚くしないと貫通するそうです
厚くすると重量増加による機動性の低下という負のスパイラルになります
現在の装甲の主流は
空気をはさんだ2重装甲にして熱風を逃がす
複合装甲にする
エアバ

戦闘における陸の王者、戦車の歴史は、対戦車兵器に対抗する装甲の歴史でもあります。 (余談ながら、テレビのニュースなどで、装甲車であろうが歩兵戦闘車であろうが「戦車」というのはいい加減何とかならないか、と思うのは私だけでしょうか。

著者: Freude

戦車の装甲とその破壊について。 以前、「戦車の装甲は劣化ウランによってできている。劣化ウランをぶち破る程に硬い材質というのは殆ど存在しておらず、そのため、戦車の破壊の際に劣化ウラン弾を用いるのはやむを得ないことで

Read: 5966

その後ろからのモジュール装甲は脅威度に応じて別の材質の装甲に換装できるであろう。 たとえば2番目の装甲を複合装甲に交換すると、敵戦車からの前方60度からの攻撃にたいしての乗員防護が可能とな

戦車の複合装甲ってどの程度のものなんでしょうか? いかにも強力そうにみえますが、案外一人で持ち運べるような対戦車ミサイルであっさりやられたりするんでしょうか?仮にあなたがゲリラで軍資金が少ない状態で、相手が戦

Read: 14371

八九式中戦車(はちきゅうしきちゅうせんしゃ)は、1920年代後期に開発・採用された大日本帝国陸軍の戦車(中戦車)。 日本初の国産制式戦車として開発・量産された。秘匿名称「イ号」(「ロ号」は九五式重戦車 、「ハ号」は九五式軽戦車

重量: 甲型 自重11.9 t 全備12.7 t, 乙型 自重12.2 t 全備13.0 t

艦砲・戦車砲・航空機関砲等で用いられる。弾体の硬度と質量を大きくして装甲を貫くタイプ(ap, aphe)と、逆に弾体を軽くして速度を高めて運動エネルギーで貫くタイプ(hvap, apds, apfsds)が存在するが、本項では主に前者について述べる。

10式には自動索敵機能があり、センサーが目標を探知すると目標の形状などから目標の種類(戦車、装甲車両、非装甲車両、航空機、固定目標、人など)を自動的に識別する。fcsは探知・識別した目標の脅威度の判定を自動的に行い、ディスプレイに目標を

全長: 9.42m

つまり複合装甲の材質や後日交換する意図が無いなら鋳物の砲塔に仕込んでも別に問題は無い。 あと、ソ連はある時期から対戦車ミサイルを使って西側の戦車をアウトレンジで撃破する戦術に傾倒して

Sep 01, 2019 · 初心者向けに戦車の解説をします。自分もさして練度は高くないので、突っ込みどころがありましたらよろしくご指導ください。戦車を定義すると「無限軌道(履帯)で走行する直接戦闘用装甲車両」ですので、戦車と装甲は切り離せません。「装甲って鉄板じゃん?

装甲1のユニットは軽戦車や自走砲が多い。おおよそ50mm以下が装甲1となるようだ。 この中ではiii号戦車の重装甲が目立つ。装甲2でもよさそうだ。そもそもiii号戦車が装甲1でiii号突撃砲が装甲3というのも、差がありすぎる気がする。

装甲の話 ある程度艦艇に関する知識を持っていると思われる人達の中でも、 最も誤りが多いのは『装甲』に関する認識ではないだろうか。 そしてその誤りの原因として考えられる最大の要因は、 戦車の装甲との混同ではないかと思われる。

コンクリート追加装甲っていって,戦車の装甲の上からコンクリートを敷く簡単な追加装甲があったような気がするのですが,実際,効果はあったんでしょうか? ap弾でもバラバラにくだけちるのは必至ですが,こちらもheat対策だったのでしょうか?

しかし、他の戦車が30~40トンだった時代に68トンもの重量はやはり重すぎた。 装甲ということであれば、ティーガーⅡの装甲は、パンターよりひと回りもふた回りも強化されており、車体前面は150mm、砲塔前面は180mmもあった。

「敵の銃弾や戦車砲弾を防げる装甲防御力」も「戦車の条件」。「装甲があるから戦車」ではありません。 「『戦車』とは優れた火力、防御力、悪路走破力を併せ持つ装甲戦闘車両です」(航空軍事評論家 関 賢太郎さん)。

その1からの続き。 10式戦車の重量説について さて、その1では10式戦車の装甲の種類に触れ、文献によって混同されがちなモジュール装甲と付加装甲が、10式戦車では両者は違う種類の装甲であることに

10式戦車は他先進国の最新戦車と同等の防御力を持っているといわれています。機関銃ひとつまともに作れない日本が、戦車の分野ではドイツやアメリカの装甲技術を圧倒的に上回ってるのはなぜでしょうか?確かに疑問ですね日本の技術は優秀

などなど、装甲関連の質問がきていますので、装甲に関して記事を書いてみます。 「昔の装甲」 装甲の設定は初代の1号からしっかりされており、1号の胸部装甲は10トンの衝撃を受け止め、新1号の脚部筋肉は100トンの衝撃にも耐える構造になっております。

いわば戦車界の藤原喜明(^^;) 最新のメルカバ2はこんな張り出した複合装甲を付けています(通称カネゴン) 側面からの攻撃に対し斜めに構える事はもちろん 上部からの攻撃から車台を守る事も考えてる

10式戦車の最大の特徴といえるのがその重量で、全備重量43.3tと一般的な第三世代戦車と比べ10t以上軽く、米国のM1A2SEPと比べるとなんと20tも軽い。これに加え取り外しの容易な外装式モジュール装甲を採用しており、これを全て取り外すと40t程度となる。

戦争が進展し、戦闘部隊が互いに徹甲弾や徹甲榴弾を射撃するにつれて、対抗する戦車は装甲板が厚くなり、材質も強固になった。 そしてついに徹甲弾も徹甲榴弾も貫通しなくなる時が来た。

Jun 30, 2015 · という事で考えを2005年4月に架空のe-100超重戦車 Ⅱ( マムート・ ツヴァイ)として形にしてみました。 砲塔形状はアンブッシュ戦闘で被弾率が高い右側面の装甲板を、左側よりも大きな傾きにしたので、左右非対称です。

ロシアの戦車用125mmHEAT弾の中には、3BK29などタンデム三重式になっている物も存在している。これは最初の弾頭で爆発反応装甲を突破した後、残り二つで装甲を貫徹するという物で、800mmの装甲貫徹力を有すると言われている。

装甲の種類はエンジンと同じく多種多様、さらに、一般的なイメージの「洋風騎士」が着ている装甲服の様な物から話したら. 途方もなく話が長くなるため、戦車に使われてきた装甲のみを話そう

戦争が進展し、戦闘部隊が互いに徹甲弾や徹甲榴弾を射撃するにつれて、対抗する戦車は装甲板が厚くなり、材質も強固になった。 そしてついに徹甲弾も徹甲榴弾も貫通しなくなる時が来た。

装甲はms本体だけでなく、「フルアーマー・オペレーション」やシールドに代表される外装式の追加装甲としても装備される。材質はms本体の装甲とほぼ同じであるが、外装式のために装甲を厚くすることが可能となり、ms本体の装甲よりも高い防御力を発揮

戦車砲の代わりに20~40mm口径の機関砲を搭載する戦車。航空機を捕捉するためのレーダーを積まれる場合も。 蝿叩き、ガンタンクとも呼ばれるが、その真の姿は、あの恐るべき悪魔A-10すら叩き落とす車両部隊の守護神。 戦車以外の装甲車両もイケるくち。

などなど、装甲関連の質問がきていますので、装甲に関して記事を書いてみます。 「昔の装甲」 装甲の設定は初代の1号からしっかりされており、1号の胸部装甲は10トンの衝撃を受け止め、新1号の脚部筋肉は100トンの衝撃にも耐える構造になっております。

いわば戦車界の藤原喜明(^^;) 最新のメルカバ2はこんな張り出した複合装甲を付けています(通称カネゴン) 側面からの攻撃に対し斜めに構える事はもちろん 上部からの攻撃から車台を守る事も考えてる

表面硬化装甲は焼き入れなどの加熱処理によって、表面だけを高硬度の鋼鉄とするものである。 小銃弾や小口径の砲弾から内部を防護すればよいだけの装甲の時代には、装甲表面の硬さによってこれらの弾丸を破砕するように設計されていた。

q 軽い10式戦車の装甲が防御力は60t並と言われて. 10式戦車は他先進国の最新戦車と同等の防御力を持っているといわれています。 機関銃ひとつまともに作れない日本が、戦車の分野ではドイツやアメリカの装甲技術を圧倒的に上回ってるのはなぜでしょうか?

軍艦「大和」の装甲は、呉海軍工廠の第一甲鈑所の能力を超えていたために、新たに第三製鋼工場が建設され、同工場の七十屯酸性平炉3基をつかって最大200トン鋼塊をつくりだしました。

装甲の薄い戦車というのは装甲板に表面硬化処理を施しているため、たとえ相手が軽戦車であったとしても、よほど近距離から側面などの弱点を狙わない限りはチハの主砲では撃破は困難だったのです。」 「

という事で考えを2005年4月に架空のe-100超重戦車 Ⅱ( マムート・ ツヴァイ)として形にしてみました。 砲塔形状はアンブッシュ戦闘で被弾率が高い右側面の装甲板を、左側よりも大きな傾きにしたので、左右非対称です。

10式戦車の最大の特徴といえるのがその重量で、全備重量43.3tと一般的な第三世代戦車と比べ10t以上軽く、米国のM1A2SEPと比べるとなんと20tも軽い。これに加え取り外しの容易な外装式モジュール装甲を採用しており、これを全て取り外すと40t程度となる。

中・重戦車は、エンジン技術の発達、装甲材質の強度向上と軽量化技術の発達で、中戦車並みの機動力と重戦車並みの攻撃力、防御力を併せ持つ事が可能となり、主力戦車(mbt)として、かつての中・重戦車を統合する存在として汎用的に使われるように

~ゲルググと装甲・論争~ 2007年3月ごろ、拓塔天王さんのカキコミから掲示板で「ゲルググとジムの対比」から、装甲や構造・設計思想に関する議論がありました。

戦車装甲は戦車の砲撃を受け止められるほどに丈夫に作るので、とても質の良い鉄でできています。 スクラップとなっても溶かして使えば、建材としても優秀です。

戦車のプラモデル(afv)を作りたいけど必要な道具は何か分からないという人のために組み立て、塗装、ウェザリングで使った道具をまとめました。各ツールの使い方や注意点も詳しく解説します。

10式戦車(ひとまるしきせんしゃ)は陸上自衛隊が運用する日本の主力戦車です。 諸外国の主力戦車に装備されつつあるc4iシステムを日本で初めて搭載した戦車で、司令部や味方部隊との通信能力が向上し味方との情報共有やスムーズな指揮統制により部隊が一体化した作戦行動が可能になり

履帯の材質変更につきまして[ご案内] 樹脂素材のやむを得ない変更に伴いまして、戦車キットに含まれる履帯(りたい=キャタピラ)部品の仕様が下記の通り変更となります。 九四式軽装甲車[tk](製品番

徹甲弾と装甲 貫通力... 一般的に限界数値を書いてここまで貫通できると表現してありますが... この数値は、砲弾が装甲を突き破って飛びこむ貫通ではなくて 半貫通でもで弾丸や装甲板の破片で大きな損害を与えた場合は貫通になります。

60式装甲車 1960年に制式化され、1972年迄に428両が装備された。重量約12ton。 戦後初の国産装甲兵員輸送車で、乗員4名と兵員6名を乗車させられた。正式化当時の戦車に随伴できることを想定していたため、機関出力220馬力で最高速度は約45km/h。

これは装甲の材質の進化によるものだが、具体的な変更点は以下に挙げていく。 装甲 もっとも重要な変更点は装甲である。 ww2後期から戦後第二世代までは、戦車の形状は「避弾経始」という概念が広く取り入れられていた。

戦車搭乗服2号後期型. 1934年に装甲部隊用被服として、最初の戦車搭乗服が採用された。これは、開襟の着用のみのデザインで、戦車搭乗服1号と分類 されている。 1936年に戦車搭乗服2号が採用になった。

材質: マルチマテリアル 、武装、照準器の技術をフォーカスしながら、誕生の背景を追ったパンサーの開発前史、装甲回収車や特殊型戦車など、パンサーからの派生型についても触れていきます。

三式中戦車も同様に「粘り」のある鋼板を使っていた。スターリン重戦車やT-34、そしてシャーマン戦車も装甲はやすりで削れたのである。』ということはやすりで削れなかった九七式とはまったく違う材質で出来ていたんですね。 山城扶桑