旗谷吉員 – 和事・旗谷吉員 展

学生時代のデッサンの時間に小磯良平氏に批評されたことがコンプレックスになったのかデッサン大好き、上手い旗谷吉員氏はその後、デッサンが途中で分からなくなり行き詰まり写真の世界に入りカメラを持つようになった。

旗谷吉員 / HATATANI Yoshikazu 1953年 神戸市に生まれる 1969年 油絵を始める 1972年 愛知県立芸術大学美術学部油画科に入学

Dec 09, 2007 · ギャラリーかのこで旗谷吉員展があったので出かけた。 同じ時に、新しく出来たビジネスクリエイターが集まる、 新事業創出CAFE HitHit-Gallery (大阪市中央区南久宝寺町4丁目5-15 ニューライフ御堂筋本町1F) で、忘年会(低

クリックして Bing でレビューする7:42

Jul 16, 2015 · 昇天』【2015年5月23日(土)~6月21日(日)】を同時開催中の『風呂跡アート』(元くすのき湯)でアート・パフォーマンスが行われ、その

著者: 水垣岡本

旗谷吉員展ーGARDENs 2017.8/19-8/27 大好評の旗谷吉員個展は終了いたしました。大勢の皆様にご高覧いただきまして心から御礼を申し上げます。

5/5(5)

Dec 16, 2010 · 昔ながらの町家を生かした千日前のギャラリー「Gallery AMI & KANOKO」(大阪市中央区千日前1、TEL 06-6214-2595)で現在、現代美術家・旗谷吉員さんの個展「千日庭園」が行われてい

旗谷吉員展. 旗谷 吉員 2015年9月19日(土)~9月27日(日) 小山泰三展. 小山 泰三 2015年10月3日(土)~10月11日(日)

Space31 – 〒6580054 神戸市東灘区御影中町1-8-3, メゾンユイト31 – 「とても面白い空間で素敵でした!」レビューレビュー5件件に基づく評価: 5

5/5(5)

11月15日に行われた、滑川みささん主催の「風呂跡アート」パフォーマンス大会。つい最近まで銭湯だったこの場所は今、画家の旗谷吉員さんのアトリエになっています。

旗谷吉員展──名画の変容 痛みと快楽: ARGUS 2006~ 天野憲一「second nature」 中東正之写真展 サヨナラ軍艦アパート ビル・ヴィオラ はつゆめ: 西原功織展: 10/16-10/18: 中村協子展「煩悩スープ」 三瀬夏之介展『奇景』 プライスコレクション 若冲と江戸日本絵画展

旗谷吉員 なまはげ 黒宗政崇 土井智朗 ★<エロス>全般をテーマに自由に表現する展覧会第8弾。 ※会期中11/22~24 ギャラリーにて参加作家Daiさんによる緊縛体験(無料)開催予定。 <会場> ギャラ

5月14日よりギャラリーソラトaでは<エロス>イメージ全般をテーマにした展覧会シリーズ第6弾「藝術的エロス考6」が開催中です。★これまでの「藝術的エロス考」展の様子→第1回/第2回/第3回/第4回/第5回★ちなみにこの展覧会シリーズは8月に第7回の開催を予定しております。

旗谷吉員展『face card』 7/8~7/18. 歴史上の「妖しげ」な人物を、ハガキ大で鉛筆や色鉛筆を使って描いてみました。 約30点の出品になります。 旗谷吉員 yoshikazu hatatani 1953年 神戸生まれ 1976年 愛知県立芸術大学 油画科卒業

散歩者では、健康に関連する問題、や政治経済社会ニュースや仕事に関連したこととか、ふと思ったことや、私の趣味(美術・音楽・読書・考古学・山歩き・園芸・・・)に関連することを取り上げます。 2011年8月までの月に(美術・工芸 – 詳細表示 – 散歩者)

hatatani yoshikazu exhibition 旗谷 吉員 展 画学生であった1976年頃、シュールリアリストのマックスWスワーンベリのコラージュ展を見て衝撃を受けた。 写真印刷物を使ったコラージュで、写真の断片が絵具のかわりに絵画画面と化して古典絵画のように美しい色調

2017.9.24~10.3 企画写真展 海・空・船 上野雅子 ・ 中川正一 ・ 浜 久児雄 ヒロ旗谷 ・ 山本正 ・ 村木勉

ご報告 会期中は、ギャラリー、ホームページから計70件の入札をいただき、54作品のうち38点のなくなりそうなことばの箱作品が落札され、おかげさまで盛況のうちに展覧会を終えることができました。

〔自己紹介〕 1953年神戸生まれ。神戸在住。写真、コラージュ。絵画の制作をしています。 あらゆる芸術に興味があり、古書店「海月文庫」の海月通信に「快楽の芸術」という芸術鑑賞エッセイを連載して

ギャラリー島田の夏の風物詩、ミニアチュール神戸展も19回目を迎えました。 この展覧会のワクワクする楽しさは、毎年テーマを決めて、新作で挑んでいただくことにあります。 辿ってみます。2008

[旗谷吉員]に関連する情報がいち早く分かるお役立ちサイトです。番組出演者はもちろん、番組で取り上げられた商品や場所に関する情報がいち早くわかるgooテレビ番組(関西版)です。

Venzer 貝塚理佐 金井和歌子 金子善明 河合美和 河上奈未 川端祥夫 岸塚正憲 きたむらさとし 日下部直起 鞍井綾音 黒川紳輝 桑畑佳主巳 小池結衣 コウノ真理 児玉えり子 権藤ミノル サイモン ヴェリントン 榊原メグミ 笹田敬子 里井純子 佐藤千重 佐藤有紀

恒例の夏祭り展、ミニアチュール神戸展がはじまります。毎年、ギャラリーがテーマを決めて、作家が新作で参加をするという、企画者や観客としては贅沢な試みです。今年のテーマはずばり「ホワイボン」 です。 「ホワイボン」って何?

Jun 11, 2015 · 1月末に廃業した神戸市長田区の銭湯が現代アートを展示するギャラリーとして再出発。いずれ取り壊すことが決まっているが、元経営者で美術家

擬名画 <快楽の絵画史> 2018.05.14 – 2018.05.26 [ 1f ami ] 旗谷吉員. [油画] ← prev next →

現代美術家、旗谷吉員氏の作品はコラージュです。 絵具などの画材を使い、自分の技術力で製作された作品が当たり前のように評価される事が主流ですが。 また、写真やコピーの切り張りであるコラージュは簡単に自分でもできるなどと思われている方もいるのでは・・・無いでしょうか?

ただ、「旗谷」という苗字自体、5割が兵庫県に集中しています。 悩みますね、「はたたに」という読み。 画家が本名であるという証拠もないのです。 「旗谷」は本名でも、読み方だけ変えたという可能性もないわけではないのかなと疑ってしまいます。

向井美香 小国志保子 臼井泉 TaeYann* 山本佳世 旗谷吉員 友井隆之 啓太 芽依 橋本修一 ツトム・ミズタ 城みどり スハラユリ 谷中亜紀 山﨑コマリ 松原知美 瓢吉庵油坊主 庄司紀恵子 垣井しょうゆ つよしゆうこ 西尻幸嗣 小山剛男

これまでの歩み. アートスペースかおる は2007年1月に活動を始め、さまざまな催しを開いてきました。

水谷かえ子さんのグループ展が南森町のギャラリー ビー玉で開かれている。今週末20日の土曜日まで。namige(レザークラフト)、旗谷吉員(ペイント)、ミズタニカエコ(イラスト)、山本学(写真)がそれぞれ「のぞき」という視線でアートを表現している。

旗谷吉員展ーGARDENs 2017.8/19-8/27 大好評の旗谷吉員個展は終了いたしました。大勢の皆様にご高覧いただきまして心から御礼を申し上げます。

旗谷 吉員 展 《擬名画~快楽の絵画史》 HATATANI Yoshikazu Exhibition 会期:2018年 5 月 14 日( 月 )~ 26 日(土) ※5/20( 日 )休廊

大阪の喧騒と欲望の町、千日前・日本橋の中に「庭園と書院」を見立てる。 前回の「国宝模写」に加えて寺の庭を油絵で描く「zen gardens」で仕立てます。

旗谷吉員展ーGARDENs 2017.8/19-8/27 大好評の旗谷吉員個展は終了いたしました。大勢の皆様にご高覧いただきまして心から御礼を申し上げます。

男性浴場は旗谷吉員さんのアトリエに=神戸市長田区西代通3丁目

[PDF]

(総合工作芸術家)・旗谷吉員(美術家) ながたのキレイなところカレンダー写真大 募集 あなたがまちなかでキレイだと感じた「花」 「花や緑の風景」や、ゴーヤ、アサガオなどの 「緑のカーテン」の写真を募集します。とって

水谷かえ子さんのグループ展が南森町のギャラリー ビー玉で開かれている。今週末20日の土曜日まで。namige(レザークラフト)、旗谷吉員(ペイント)、ミズタニカエコ(イラスト)、山本学(写真)がそれぞれ「のぞき」という視線でアートを表現している。

速r2は様々なニュースや話題・エロ下品を取り扱って遊ぶ板です。ただし国内政治スレは禁止です。.

びー玉はときどきエロスな展示もするのですが、旗谷吉員さんから「この秘密の小部屋みたいな空間を生かした展示をしたい」と言っていただいてました。それで満を持し

2012.03.04 ポエトリーリーディングまつばら『昼下がりの抒情』 出演(順不同、敬称略以下同様) 河野宏子・きいこ・池上宣久・泉由良・にゃんしー 04.08 ポエトリーリーディング〈詩の交差点〉 出演 にゃんしー・ちゃこ・田村飛鳥

今年で9回目を迎えた写真公募展。国内外からの応募作370作品・3426点から、30作家が選出された。四角いフレームやプリントへのこだわり、整然と並んだ組作品の多さを見ると、本展がストレート・フォトの流れを汲んでいることが分かる。

半世紀にわたり、地域の人たちを温めてきた銭湯が、建物や内装はそのままにアートギャラリーに生まれ変わった。神戸市長田区西代通3丁目の

旗谷吉員 “国芳江戸錦吾妻文庫” 印刷物コラージュ アクリル絵の具 ボード紙、34×23.5cm、2006年

展覧会の告知です。 現在私が「MAISON D’ART SUPER ART BAZAR Vol.7」で作品、グッズを出品中でもある大阪・本町のギャラリーメゾンダールさんのパリにある方のギャラリーにて展示に参加します☆ 「”La Variation”MAISON D’ART”CDサイズアート展Vol.5. Mon MANGA Favori”セレクト巡回展」

尾崎泰弘、小田英之、加藤三千代、小泉雅代、佐山孝典、辻中達也、中西学、荻由利江、旗谷吉員、古坂東彦、松井智恵、松陰浩之、森村泰昌 、山崎亨、山部泰司、渡辺和雄. 1987年11月14日 kpoキリンプラザ大阪が大阪に誕生。

昨日午後から、案内をいただいた展覧会に行った。 「ぎゃらり かのこ」で開かれている「千日庭園」その弐 旗谷吉員展に

昔ながらの町家を生かした千日前のギャラリー「Gallery AMI & KANOKO」で現在、現代美術家・旗谷吉員さんの個展「千日庭園」が行われている。桃山時代の障壁画をアクリル画で再現。金箔の質感を出すため、工夫をこらしたと

hokariyukaさんのアルバム。大量の写真は30days Albumでシェア!

Venzer 貝塚理佐 金井和歌子 河合美和 河上奈未 川端祥夫岸塚正憲 日下部直起 窪田健一 くぼようこ 鞍井綾音 桑畑佳主巳 小池結衣 コウノ真理 権藤ミノル サイモン エヴェリントン 酒井ひさお榊原メグミ 櫻井類 笹田敬子 里井純子 佐藤千重 沢村澄子 Sieii Lin

開催当時の公式データ 現 在、デジタル技術、そしてネットの発展に伴う写真の拡張により、写真が専門知識を必要とするフィルムや暗室の技術者の時代は過ぎ、以前にも増して連動性と 密接な関係となり、行為としての「写真」を加速させている。

FootprintWallは芸術家たちの足跡を未来に残すために作家の参加を求めています。現在23789の作家アーカイブがご覧いただけます。未登録の作家もぜひご参加ください。

夜勤明けのPKYとスペース草さんに旗谷吉員さんの作品展「今様顔相」を観てきました。 終わり頃で他の人がいなかったので元気もギャラリー内に入れてもらいました♡

展覧会のスケジュールです。近々の展覧会の内容、その作家のプロフィールを見ることができます。 展覧会を希望される

[PDF]

入団員が任命され、また永年にわたり消防活動に功労のあった優良団員等に表彰状が贈られました。 新入団員を代表して任命書を受け取った黒川大貴さん(左)と 宣誓する佐藤大さん(右) (敬称略・順不同) 団旗、分団旗の入場 訓示を行なう植月団長 2

<参加者> 絵画:宇山英樹 大竹なおこ 大村修子 加藤亮太郎 木下三都子 久谷義昭 幸田庄司 田海由美子 武田侑霞 田甫実 寺西奈央 旗谷吉員 堀坂和敬 松下玲子 みなとあすか 吉川澄子 吉崎幹雄 米岡満寿美 湧嶋克己 網戸絵:橋本健治 布絵:植田愛 植田君枝

ゴーあや・清水公明・永田收・中束範子・旗谷吉員 原口ジュヌビエーブ・春成こみち・藤井英雄・堀尾昭子 堀尾貞治・ホリオ(兄)・松田陽子・水垣尚・森脇正奈 谷中亜紀・山下克彦・吉田和代・吉田忠司・和田幸三 ありそうでなかった“合成”写真展!

【御出品頂いた皆様 おおきに!】 楠部比佐子 石北有美 木口秀一 ヨシダコウブン 日和舎 堀尾貞治 山下克彦 こしだミカ 中山寛正 怎々塚惣一郎商會 奥村誠 印南ゆう子 いづみユウ PaulKohl 時実月夜 小池昭子 関あや 神田円 西内杉恵 スハラユリ 竹田録枝 塩路美知子 小国志保子 豊川忠宏 安原

7月とは思えぬ爽やかな晴天の下、画廊回りに出かけました。梅雨時にこんなにサラッとしていたら、お米の成長は大丈夫なのでしょうか。ちょっと気になります。それでは、今日回った画廊の様子をどうぞ。 八木僚一展 ギャラリー白3背景の模様の部分は切り絵のようになっています。

浅野紋子 足立朱麻 阿部順子 雨森一彦 荒木きよこ 池内悦子 アンドレイ ヴェルホフツェフ 石井誠 市英昭 伊藤みえこ 稲垣直樹 稲富淳輔 井上祥子 井上よう子 岩井博石 植浦加代子 植田麻由 植松永次 上村亮太 内田みき 内海聖子 烏頭尾寧朗 梅田恭子 uraimayumi

[title] ラブホ図鑑 2015 [artist] シラタニ タカシ、mune、JyariBose、高田 一樹、Kim Dunstan 奥田 弥生+旗谷吉員、ホイキシュウ、tk4m、Seal Pool、利久、しゃ かりき、はる、横山こうじ

来週一番の話題は、おそらく国立国際美術館のモディリアーニ展と塩田千春展でしょう。世間的にはモディリアーニの方が盛り上がりそうですが、私自身は塩田さんの方が遥かに気になります。もう一つはパンタロンの流麻二果展。以前、アサヒビール大山崎山荘美術館の企画展に出品した彼女