物品とは 地方自治法 – 吹田市|地方自治法施行令各号の解説

[DOC] · Web 表示

(物品)地方自治法第239条. この法律において「物品」とは、普通地方公共団体の所有に属する動産で次の各号に掲げるもの以外のもの及び普通地方公共団体が使用のために保管する動産(政令で定める動産を除く。)をいう。

[PDF]

地方自治法では、地方公共団体が所有する財産を「公有財産」、「物品」、「債権」、 「基金」の4 種類に分類している。 1 公有財産 財産のうち公有財産とされているものは、地方公共団体が所有する不動

地方自治法; 地方自治法施行令; 地方自治法施行規則; 地方公共団体の物品等又は特定役務の調達手続の特例を定める政令; 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律; 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律施行令

第250条 新地方自治法第2条第9項第1号に規定する第1号法定受託事務については、できる限り新たに設けることのないようにするとともに、新地方自治法別表第一に掲げるもの及び新地方自治法に基づく政令に示すものについては、地方分権を推進する観点

地方自治法第239条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:この法律において「物品」とは、普通地方公共団体の所有に属する動産で次の各号に掲げるもの以外のもの及び普通地方公共団体が使用のために保管する動産(政令で定める動産を除く。

(自治法第239 条) 3物品の範囲と基本的用語 (1)物 品. 物品とは、自治法第239 条第1項及び、第5 項により規定されています。 ① 所有動産 地方公共団体の所有に属する動産で、次に掲げるものを除いたものをいいます。

1999年7月には地方分権改革を目指した大がかかりな改正(2000年 4月1日施行)が行われ、この改正地方自治法を「新地方自治法」(松下圭一)と呼ぶこともある。

所管: 総務省

第一条の二 普通地方公共団体の設置があつた場合においては、従来当該普通地方公共団体の地域の属していた関係地方公共団体の長たる者又は長であつた者(地方自治法第百五十二条又は第二百五十二条の十七の八第一項の規定によりその職務を代理し若しくは行う者又はこれらの者であつた者

地方自治法第171条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:会計管理者の事務を補助させるため出納員その他の会計職員を置く。ただし、町村においては、出納員を置かないことができ

法令名 地方自治法 法令番号 (昭和二十二年四月十七日法律第六十七号) 施行年月日 昭和二十二年五月三日 最終改正 平成八年六月二六日法律第一〇七号第一編 総則第二編 普通地方公共団体 第一章 通則 第二章 住民 第三章 条例及び規則

平成七年政令第三百七十二号地方公共団体の物品等又は特定役務の調達手続の特例を定める政令内閣は、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百三十四条第二項、第三項及び第六項の規定に基づき、この政令を制定する。(趣旨)第一条 この政令は、千九

第一節 会計年度及び会計の区分
[PDF]

市が保有する物品で、松戸市財務規則(以下「財務規則」という。) 第268条の2に規定する「地方自治法施行令第166条第2 項に規定する財産に関する調書に記載する物品」のうち、車両 類を除いた取得価格又は評価価格(以下「取得価格等」という。

物品管理法における備品と消耗品|占有公有財産との違いは? 1物品管理の原点自治体は、住民のための各種事務事業を執行するために、様々な種類の財産を保有しています。

地方自治法等の一部を改正する法律の概要 ・人口減少社会において資源が限られる中で は、地方公共団体間の事務の共同処理の仕 内部統制体制:地方公共団体における事務が適切に実施され、住民の 福祉の

令和元年度物品購入の随意契約について(契約前情報) 2019年12月26日掲載; 令和元年度物品購入の随意契約について(発注見通し) 2019年12月24日掲載; 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号に基づく随意契約の公表(契約締結後情報) 2019年11月15日掲載

[PDF]

公金の徴収・収納に係る自治法・自治令の規定 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)(抄) (私人の公金取扱いの制限) 第二百四十三条 普通地方公共団体は、法律又はこれに基づく政令に特別の定め

地方自治・地方財政関係の法令をはじめ、地方行政に深くかかわる行政手続、行政救済、公共事業・契約適正化、国土・地域づくり、災害、環境、福祉、民事などの基本法令を厳選して収録。平成24年第180回国会での主要な制定法を完全収録。

地方独立行政法人は「地方公共団体が自ら主体となって直接に実施する必要のない」業務を「効率的かつ効果的に」行わせるために設立される(地方独立行政法人法2条1項)。自治体がこれを設立して窓口業務を委ねる判断をするには、その業務がこの要件

地方自治法 第168条に規定があり、必置である。 また、地方公共団体の長は、会計管理者に事故がある場合において必要があるときは、普通地方公共団体の長の補助機関である職員にその事務を代理させる

随意契約とは
[PDF]

(自治法238 条) 公共用財産 (学校、道路、公会堂、病院など住民 が一般的に利用するもの) 普通財産 物品 動産で現金、公有財産、基金以外のもの(自治法239条) 債権 金銭の給付を目的とする地方公共団体の権利(自治法240条) 基金

第1条 この法律は、地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全

」というY市の事例において、監査委員は 「私人の公金取扱については、地方自治法第243条により、法律又は政令に特別の定めがある場合を除くほかは原則として禁止されているが、博物館の図録販売のような物品販売については、地方自治法施行令第158条

[PDF]

1 監査公表第653号 地方自治法第199条第2項の規定による監査を実施し, 条第9項に規定する監査の結 果に関する報告及び 条第10項に規定する意見を決定しましたので,次のとおり公表しま

物品供給等入札等情報; 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号・第4号の規定による随意契約の公表; 福祉局「地方自治法施行令第167条の2第1項第3号」の規定による随意契約の公表

平成30年通常国会で成立した主要法令を反映. 基本10法令に判例、行政実例等注釈付き. 「地方税法の一部改正」「地方交付税法の一部改正」「民法の一部改正」「社会福祉法の一部改正」「地方自治法施行令の一部改正」 等を収録

」というY市の事例において、監査委員は 「私人の公金取扱については、地方自治法第243条により、法律又は政令に特別の定めがある場合を除くほかは原則として禁止されているが、博物館の図録販売のような物品販売については、地方自治法施行令第158条

[PDF]

地方自治法施行令改正を受け、障害者施設等からの物品調達について随意契約ができるように財務 規則を改正し、障害者施設等からの物品調達を促進 さらに、平成19年度地方自治法施行令改正により障害者施設等からの役務調達についても随意契約で

主な内容. 地方自治法の解釈・運用の定本! 平成29年の自治法の大改正(内部統制制度の導入や監査制度の充実強化、首長や職員等の損害賠償責任の見直しなど)及び関係法令の改正等を加え、解説を一層充実した大幅な改訂版。

特に、地方自治法施行令(ちほうじちほうしこうれい)は一番目にする機会が多い法律です。 その中で、今回は地方自治法施行令167条の2(随意契約)について紹介していきます。 地方自治法施行令167条の2の内容 <地方自治法施行令 167 条の 2 の内容>

[PDF]

(地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定に基づく随意契約) 【物品の購入】 ※「契約の相手方」欄が空白のものは契約未締結の案件です。 契約の名称 契約の内容 発注予 定時期

[PDF]

1.地方自治法 (抄) (昭和22年法律第67号) (契約 の履行 の確保 ) 第234の2 普通地方公共団体が工事若しくは製造その他についての請負契約又は物件

現行の地方自治法施行令に定める「随意契約」を積極的に活用する。 5 調達目標 対象となる 物品 及び役務の調達額の合計が、 過去調達実績最高額 を上回ること 。 〈 参 考 〉過去調達実績最高額 平成30年度実績 13,109,333円

[PDF]

地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4、第167条の5第1項及び第167条の11第2項の規定により、平成31年度、平成32年度 及び平成33年度における大阪府が発注する物品の購入契約、委託契約、請負契約(建設工事及びこれに関連する業務に係るものを

[PDF]

る事務をそれぞれ担任している(法第149 条第6 号及び第170 条第2 項第4 号、第5 号)。 また、会計管理者が行う物品の出納は、地方公共団体の長の通知がなければ行うことが できないとされている(地方自治法施行令(昭和22 年政令第16 号)第170 条の3)。

[PDF]

地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の5第 1項及び第167条の11第2項の規定により、平成31・32年 度の建設工事、建設工事に関する調査・設計及び測量業務(以下「建 設コンサルタント業務等

地方自治体では、金額の大きい物品の調達は、リース契約としたがる傾向があるように思います。リース料率の分だけ支払額が大きくなりますが、それでもリース契約を選択するのは何故でしょうか?一回の支払い額を抑えること、そして支出を

新地方公務員法及び新地方自治法会計年度任用職員制度は、地方公務員法や地方自治法の改正により、平成32年4月1日から施行される制度です。改正内容は次のとおりです。〇 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律これを現行の法律に溶け込ませる

国や自治体が、不要になった物品を入札で売払う場合、買入する入札者は消費税を払う必要があるのか。国や自治体は売払契約で税法上の課税対象事業者となるのか。また、国や自治体は消費税の納税義務者または非課税事業者なのか。国や自治

[PDF]

地方自治法施行令第 167条の2第1項第2号 総務部情報システム課 5 令和元年7月4日 コンテナ型簡易水洗仮設トイレ賃貸借契約書 831,600 ㈱クリーンサービス 地方自治法施行令第 167条の2第1項第2号 産業港湾部観光振興室 6 令和元年7月5日

1999年7月には地方分権改革を目指した大がかかりな改正(2000年 4月1日施行)が行われ、この改正地方自治法を「新地方自治法」(松下圭一)と呼ぶこともある。

[PDF]

岐南町物品等購入一般競争入札執行要領 (目的) 第1 この要領は、岐南町が発注する物品等の購入において、地方自治法第234条第1 項の規定による一般競争入札を行う場合の取扱いに関し必要な事項を定め、もって物品

[PDF]

-1-地方自治法(昭和22年法律第67号)第234条の規定により、次のとおり一般競争入札を実施する。 なお、この入札に係る委託契約は、地方公共団体の物品等又は特定役務の調達手続の特例を定める

(1)地方自治法施行令第167条の4の規定に該当しない者であるこ と。 (2)海津市契約規則第21条の規定に基づき作成した海津市物品等入札 参加資格者名簿に、物品等役務として登録されている者であるこ と。

[PDF]

地方自治法施行令第167 条の2 第1 項第3 号に定める障害者就労施設等 に準ずる者の認定に関する基準の制定について 国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律及び羽曳野

[PDF]

(物品・役務 の前等) 障がい保健福祉課 019-629-5447 平成21年1月27日会議用茶菓 コーヒー・ケーキセット 25 地方自治法施行令第百六十七条の見積金額が県の定める わ~くす城南 地方自治法施行令第百

地方自治法条文 ・地方自治法74条(条例の制定・改廃の請求) ・地方自治法75条(事務の監査請求) ・地方自治法202条の4(地域自治区) ・地方自治法242条(住民監査請求) ・地方自治法242条の2(住民訴訟) ・地方自治法244条(公の施設)

地方自治法施行令 (随意契約) 第百六十七条の二 地方自治法第二百三十四条第二項 の規定により随意契約によることができる場合は、次に掲げる場合とする。

[PDF]

地方自治法 —–第1編 総 則 (第1条~第4条の2)—– 第1条 この法律は、地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織 及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確

コンメンタール>コンメンタール地方自治法>コンメンタール地方自治法施行令>コンメンタール地方自治法施行規則. 地方自治法施行令(最終改正:平成二一年五月二九日政令第一四二号)の逐条解説書。

[PDF]

資- 35 2)入札等に関する法令の整理 ①地方自治法 地方公共団体 備考 地 方 自 治 法 (契約の締結) 第二百三十四条 売買、貸借、請負その他の契約は、一般競争入札、指名競争入札、随意契約又はせり売りの方法により締結するものとする。

[PDF]

地方自治法施行令(抄) 昭和22年5月3日政令第16号 最終改正 平成27年1月30日政令第30号 第2編 普通地方公共団体 第3章 議会 第121条の2 地方自治法第96条第1項第5号に規定する政令で定める基準は、契約

母子及び寡婦福祉法(昭和三十九年法律第百二十九号)第6条(定義) 参照条文 判例 . 住民訴訟損害賠償(最高裁判例 平成6年12月22日) 地方自治法第234条1項ないし3項,地方自治法第242条の2第1項4号,地方自治法施行令第167条の10

※ 1 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号及び4号では、次に揚げる契約を普通地方公共団体の規則で定める手続きにより随意契約できることが規定されています。 (1)障害者支援施設等において製作された物品を買い入れる契約

ホーム > 県政情報・統計 > 入札・契約 > 物品・委託等 > 入札・随意契約の結果 > 随意契約の結果(物品・委託等) > 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号による随意契約の締結について(健康福祉部障害者福祉推進課:第六次千葉県障害者計画の印刷)

こうした中、障害者就労施設については、地方自治法施行令第167条の2第1項第3号および地方公営企業法施行令第21条の14第1項第3号の規定により随意契約(いわゆる政策随意契約)できる対象となっていますが、物品等の調達を障害者就労施設等にあっせんし

[PDF]

地方自治法施行令第 167条の2第1項第3 号 管財課 4 市営墓地管理業務委託 市営墓地の清掃・巡視・軽微な作業 h31.4.1 ~h32.3.31 (公社)高山市シル バー人材センター 地方自治法施行令第 167条の2第1項第3 号 管財課 5 家屋所在地番等調査業務委託

[PDF]

※物品のうち、農産物等の場合、一度に提供できる数量及び提供可能時期について、記載しています。 対 象 根 拠 物品 数量 提供時期 物品 の対象 地方自治法施行令第167条の2第1項第3 地方自治法施行令

前のブログで記載の公有財産についての中央区の条例改正に関連して、公有財産に関しての地方自治法上の規程を見てみます。条文上の用語の整理。「財産」:公有財産、物品及び債権並びに基金(237条1項)「公有財産」:具体例(238条1項各号)それら具体例は、行政財産と普通財産に分類