米坂線撮影地 – 只見線おすすめ撮影地7選!絶景鉄道写真を狙うならココ!

米坂線撮影地ガイド(山形県) (注意) 現地において私有地や立ち入り禁止区域にむやみに入らないこと。(私有地の場合は必ず許可をもらう) また、近隣住民に対する迷惑行為(ゴミのポイ捨てや車の駐車)は厳禁です。

こちらでは、羽越本線及び米坂線における撮影地の紹介をします。撮影におかれましては近隣住民の迷惑にならないこと。また、交通法規を守り楽しく撮影しましょう。

米坂線 伊佐領~羽前松岡 坂町方面へ向かう下り列車を撮影できるポイント。 羽前松岡駅にて下車、駅前の道を約60m直進しR113号線にぶつかったら左折し道なりに約350mほど進む。

May 14, 2009 · 米沢駅に近い手軽な撮影地 2008.9.14 菊崎健士(埼玉県) 【ガイド】米坂線は米沢の駅を出てから西へ大きくカーブして最上川を渡る。この河原は公園となっており、アングルを自由に選べるが、鉄橋の南側には手すりがあるため足回りがすっきりと撮影できるのは午後遅く、夕方になってか

米坂線手ノ子俯瞰・明沢俯瞰登り口ご案内 米坂線 手ノ子俯瞰 手ノ子俯瞰全景 国道113号旧道から落合橋を眺める。右の分岐が林道。 旧道から林道の分岐付近 林道から線路築堤に登る部分 上記の写真と同位置を春撮影。 線路を渡った後の登り口。

撮影日 2009.10.24 撮影地 山形県小国町・羽前沼沢~伊佐領 米坂線は1日に米沢と坂町を5往復位しかしないローカル線だ。 この季節、午後2時以降の撮影は光が足りない。夕方4時の電車ではもう暗くて撮影

Nov 10, 2019 · 関西発 鉄道ファンの写真館 撮影地ガイド. yahoo!ブログから移転しました。 リンク集 駅の写真を集めた 「JR(国鉄)の駅巡り」と「私の撮影記」も併せてよろしくお願いします。

「米坂(よねさか)線」は山形県南部の米沢市と、日本海沿いにある新潟県北部の荒川町(現在は村上市)坂町を結ぶ90.7kmのローカル線だ。 米沢駅は市街地の東の外れに位置している。

それから2度目の春のこと、ついにチャンスはやって来た。土曜のA3運用に国鉄色58・28が登板との情報を得て、チバラギ氏とスクランブ ル発進!翌朝の定番撮影地は朝も早いうちから大盛況であった。全国から馳せ参じた鉄の数およそ20名。

『羽越本線 撮影地』について 主に鉄道の話になる予定 撮影地紹介など

Sep 01, 2019 · 米坂特雪3からの続きです。 前日はほぼ徹夜で米坂特雪に挑んでいたので、その夜は道の駅に車を止めて爆睡。翌朝のラッセルは、その後の予定を勘案して早起きをしないことにしたのだけれども、結局は6時頃には起きてしまい、とりあえずラッセルを確認に今泉の駅へ。

箱庭のような米坂線の朝篠。 ここは好きで良く撮影しています。築堤も草が綺麗に刈られ美しい所でした。 後ろの飯豊山が綺麗に出て居た時に1回撮影したかったです。

米坂線 2: 訪れた沿線を紹介します。越後大島、越後下関、越後片貝。 米坂線 3: 訪れた沿線を紹介します。小国、伊佐領、羽前沼沢、手ノ子。 宇津峠: 米坂線でもっとも有名な撮影地の一つである、宇津峠で力闘する9600です。 坂町機関区の9600

撮影地4: 羽越本線 中浦~月岡駅間 撮影地地図. 米坂線a2運用のキハ47 517新潟色(赤)+キハ52 122国鉄色を出迎える。真っ白な平野を、まっすぐに進む。列車のヘッドライトが見えてから、近くにやってくるまで2分ほども時間がかかる、そんな広大な場所だ。

1926年に山形県側の米沢 – 今泉間が米坂線として開業。1931年には新潟県側の米坂西線(よねさかさいせん)坂町 – 越後下関間が開業し、同時に東側も手ノ子まで延伸、米坂東線(よねさかとうせん)に改称された。以降、両側から延伸を繰り返し、1936年の

国: 日本

撮影後は、復刻弥彦色ぐるっと周遊号の2日目を撮影したいところだが・・・今日は集落の秋祭り。お宮様・公会堂の朝掃除が5時半から・・・それを終らせてから小国町 赤芝峡へ出掛けて3本撮って一旦帰宅

予讃線 市坪~北伊予 宇和島方面へ向かう下り列車を撮影できるポイント。 伊予鉄郡中線・岡田駅にて下車、駅前の道を右折し約70mほど進んで右折。

キハ120投入により国鉄型最後の紅葉も見れずじまいか・・と半ば諦めかけていたが、休みが終わってしまうと不思議な事に米坂線のダイアグラムや下越地方の地図を見るなどしているうちに、いてもたってもいられなくなり、急遽1日の休みで米坂線撮影

米坂線沿線にお住まいとのこと、とっても羨ましく思います、。 撮影ポイントもいろいろ、写真入りでご説明いただき、ありがとうございました。 月末はやはり米坂と乗り&撮りに行き、

JR米坂線の駅の時刻表。方面、平日/土曜/休日の切り替え、日付の指定、列車種別・行き先での絞込みなど、便利な機能も。

Jul 01, 2019 · マイフォトでこれまで紹介してきた撮影地をインデックス化しました。 ガイドと記されたリンクには、簡単な撮影地ガイドがあります。(※ガイドに記載されている内容は、基本的に撮影日時点でのものです。

羽越本線・米坂線・磐越西線の俯瞰風景をご案内しています。 《紹介撮影地》 羽越本線 蓬莱岩俯瞰 米坂線 手ノ子俯瞰 米坂線 明沢俯瞰 磐越西線 鹿瀬俯瞰 and etc. その3 新潟県上越地区と長野県下の俯瞰風景をご案内しています。

こんにちは。今日の1枚は2013年6月、米坂線にて。臨時で走った「さくらんぼトレイン」。米坂線でのキハ47の単独走行が出来ないため、de10での牽引となりました。2013.6.23撮影JR米坂線 手ノ子-羽前沼沢間に kingpulser/7787さんのブログ

JR東日本・米坂線 米沢-坂町 90.7kmの路線と停車駅を新旧様々な写真を交えて紹介します。停車駅付近の地図や画像の検索、周辺の宿の検索もできます。乗換駅からはリンクをクリックして他路線へのページへもジャンプできます。

nikkei plus1「紅葉の美しい鉄道路線第1位」、「雪景色のきれいなローカル線第3位」など、絶景の秘境ローカル線として人気のjr只見線。休日には多くのカメラマンがその撮影に訪れますが、只見線は素材そのものが秀逸なため、誰でも気軽に美しい写真が撮影できるのです。

撮影地 : 撮影日 : 貨物線 武蔵野線 弥彦線 山田線 山手線 横須賀線 横浜線 米坂線 陸羽西線

[山形県] jr奥羽本線の撮影地8選!山形新幹線つばさ走行スポット 最終更新日:2017/04/05. 奥羽本線の福島駅から新庄駅までの区間で、電車の撮影をしてきました。

米坂線の紅葉の旅 前から乗ってみたかった米坂線に乗って紅葉の旅をしてきました。 9:33坂町発ー11:30米沢着ー12:16米沢発―14:50坂町着 米沢滞在45分間のミニミニ旅行。でも電車の中からたっぷり紅葉を楽しみ、米沢牛弁当を食べ、満足の旅でした。

一発限りの羽越本線での撮影を終え、再び米坂線に戻る。今朝寝過ごしたため撮り逃したA5運用の午後の坂町行き1131Dが、向かってきているので、どこかで鉢合わせする直前に撮影し、そのまま坂町方面へ追っ掛けをしようと考えた。

2008年 9月28日 米坂線 伊佐領~羽前沼沢 撮影;きたぐに キューロクが走っていたころから知られていたというアーチ橋。断崖絶壁を埋め尽くす緑を背景にアーチ橋がたたずむ風景は米坂線と言えばここ、と昔から思っていた風景そのものであった。

米坂線 米坂線は奥羽本線の米沢駅と羽越本線の坂町駅を結ぶ90.7kmのロ-カル線ですが,1970当時、本州では9600が牽引する列車が走る路線はここだけということでSLファンの注目を集めていました。

Nostalgic東北 1号室 羽越本線・陸羽線・左沢線・米坂線 1971年の夏、北陸、東北、関東を1週間かけて回る撮影旅行に出た。 羽越本線では貨物列車の編成の長さと頻度の高さに満足したが、C57は思ったよりも減っており時期を逸したようだ。

2008年 9月28日 米坂線 伊佐領~羽前沼沢 撮影;きたぐに キューロクが走っていたころから知られていたというアーチ橋。断崖絶壁を埋め尽くす緑を背景にアーチ橋がたたずむ風景は米坂線と言えばここ、と昔から思っていた風景そのものであった。

上り 919K 急行 中央林間行 2019年1月撮影 低い住宅地と荒川の堤防道路との間に挟まれた中間の段に線路が走っており、道路からは一段高いが、鐘ヶ淵側では何とか登って立てる場所があり、狭い石段上からの撮影になる。

こんばんわ。 この連休中は、近場で撮影をしています。 明日から紹介していきますが、昨日は関東鉄道、今日は上信電鉄へ行って来ました。 もう9月の半ばに差し掛かっているのに、残暑が厳しいですよね。また夏バテしてしまいそうです。 さて、今回は5月に撮影していました東北本線や米坂

〇投稿写真は、米坂線整備促進期成同盟会や 構成する自治体などが適宜無償で使用する ことがあります。 また、入賞作品は米坂線整備促進期成同盟 会の公式ホームページ等で掲載します。 〇応募費用は無料ですが、撮影・応募に要

当時、米坂線の撮影地人気No1は宇津峠であったことに異論を唱える人はいないと思う。事実、いつ、どこから撮っても絵になる地であった。 手ノ子側と羽前沼沢側では印象がかなり違っていた。

構内には横取り線と機関庫、危険物 貯蔵庫がある。 駅の周囲は山の谷間をほぼ南北に 流れる桜川に沿って東側へ一般道、 米坂線、国道113号線の順に階段状に 並行しており、一番東側(山側)の 国道が一

本日の駅紹介は羽越本線/米坂線・坂町駅。平林駅はこちらへ←羽越本線→平木田駅はこちらへ 米坂線→越後大島駅はこちらへ新潟県村上市に所在する有人駅で、開業は大正3年(1914年)11月1日。開業当時の所在は岩船郡保内村で、周囲には萱の茂る寂しい停車場だったそうです。

今日の午前中は新潟県・山形県の県境にある紅葉名所の【赤芝峡】に行って来ました。 国鉄形気動車キハ40系やSLばんえつ物語号の運行で賑わう磐越西線と比べると撮影者も閑散としています しかしながら自然美は磐西に引けはとりません。最近の米坂はイベ

米坂線. 米坂線の路線図です。 初期状態ではすべての時点での路線・駅が表示されています(廃線部分を含む)。 特定時点での路線・駅を表示するには、「時期指定する」をクリックして下さい。 「元の路線を表示」で最初の状態に戻ります。

新刊 東日本版の貨物列車撮影地ガイドが5年ぶりに発売に (12/28) 東北エリア遠征⑪ 3055レ ススキと輝く (12/26) 東北エリア遠征⑩ eh-500 2次型 と eneosタンク車 (12/26) 東北エリア遠征⑨ 4088レ 吾妻小富士が綺麗に (12/26)

目的地は米坂線でも有数の紅葉景勝地「手ノ子俯瞰」です。何度か写真で美しい光景を見たことがあったので、一度は訪問しようと思っていた場所でした。

この地点も米坂線の定番撮影地の一つです。 シャッター速度が遅かったので、列車が止まっていない写真になってしまいました。 列車は米坂行きの3822D「快速べにばな」、キハ40 587+キハ58 677の2連

鉄道撮影地メモ(駅間ロケ専門)by 六甲1号. 私が訪問した全国の鉄道撮影地を路線別にまとめました。モバイル対応。

Oct 13, 2012 · 山形県の米沢駅と新潟県の坂町駅を結ぶ路線。 かつては宮城・山形と新潟を結ぶ役割を持った路線だったが、奥羽本線の改軌によりその役割は

米坂線でこのカーブ(玉川口駅の分岐器跡です)を見るたび、 いつか訪れたいと思ってた場所でした。 ここには今でも廃ホームが残っているらしいですぜ。 お次はホームをチェック。 小国駅は相対式&島式ホームを持つ複合2面3線構造です。

↓画像は篠目~仁保間の下りの新山口行きです。 ちなみにこの位置から対面の山頂付近に見える岩場が「その9」の撮影地です。 撮影日 2016年5月21日 撮影地 山口線篠目駅~仁保駅間→こちら

津軽線の首都圏色コンビの後は五能線へと転戦 停車時間も長いので上から撮りながら徐々に南下をする 帰りの新幹線の

「鳥海」で坂町へ。ここから米坂線に入ったものの、目的地の越後金丸に着く頃には風雪とも激しくなり、下車はして みたものの、とても歩いて撮影できるような天気ではありません。とにかく待合室にいて、蒸気機関車が来るごとに 近場で撮影の繰り返し!!

天気が悪い日は撮影者は少な目・・・ではありませんでした。^^; 多分晴天の日と比較すれば若干は少なかったと思いますが、それでも東は関東方面、南は南九州からとそれはそれは全国規模の多彩なナンバーの車が集結していました。

最終日は、米坂線乗車と米沢市内での撮影のみとした。 ホテルをチェックアウトしてから、1127d~1128d で米沢~羽前椿を往復乗車。米沢で下車後、駅前でレンタサイクルを借り(4時間5百円)、前日撮影した最上川の鉄橋へ。

宇津峠は雨でしたが、小国の街に入ると雲間から日が射してきて、現場に着いたら山はこんなにも輝いていました。撮影は我が儘なモノでサンサンに晴れてほしい場所もあれば日差しは要らないよ、って場所もあって。ここは終日逆光の撮影地。

米坂線の9600 1971.12.3 手ノ子駅から羽前沼沢駅方向へ歩き、撮影地を物色していると、上り貨物列車が勾配を下って来ました。

米坂線を走る国鉄色気動車も2008年度中には新型車両に置き換わると、JR東日本新潟支社から発表された。無くなる前に撮りたいと思い6月中旬に出かけた。手ノ子には1976年に撮影に訪れたことがあるのだがそのときの撮影地はさすがにどのあたりかわから

米坂線に着いたときには、さすがに体力自慢の中学生も疲労困憊。 結局、昼すぎでもう帰ってくるというさんざんな撮影旅行となった。 いい撮影地にはたどりつけず、走行写真は人さまに見せるようなものは撮れなかったが、それでも羽前沼沢駅で上の

キハ52 137 米坂線 普通 米坂線 今泉 → 犬川 2008.07.27

1.米坂線とは? 米坂線は、山形県米沢市にある米沢駅(奥羽線と接続)と、新潟県荒川町にある 坂町駅(羽越線と接続)間を結ぶ非電化のローカル鉄道です。 途中、川西町,長井市,飯豊町,小国町,関川村を経由します。

jr東日本の駅の時刻表についてご案内しています。

撮影地2: 羽越本線 中条~金塚駅間 撮影地地図. 日本海にそって西へ移動する途中で、米坂線の車両が他の線区を走る場面を撮影する。 米坂線の車両は、6日間をかけて米沢と新津の間を行ったり着たりしていて、実に興味深い。