那覇地裁所長 – 亀川清長

那覇地方裁判所がその役割をしっかりと果たし,国民により身近で頼りがいのある裁判所となるよう,所長として,裁判所の態勢及び環境の整備に全力で取り組みたいと思います。 皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成23年4月~平成25年3月 那覇地家裁沖縄支部長 平成25年4月~平成27年8月 横浜地裁部総括判事 平成27年8月~平成29年4月 さいたま家裁部総括判事 平成29年4月19日~ 那覇家裁所長

那覇地方裁判所(なはちほうさいばんしょ)は、沖縄県 那覇市にある日本の地方裁判所の一つで、沖縄県を管轄している。略称は、那覇地裁(なはちさい)。沖縄、名護、平良、石垣に支部を置いている。

所長: 阿部正幸
[PDF]

★那覇地裁所長、家裁所長ポストの特徴は 4 那覇地裁:裁判所のhpより 沖縄県内の裁判所 福岡高裁那覇支部 那覇地裁(本庁) 那覇家裁(本庁・所長専任庁) 那覇地家裁名護支部・沖縄支部・ 平良支部・石

那覇地方裁判所 歴代所長 (カッコ内は在任期間と異動先)平田清祐(1972年5月 – 1975年10月 琉球高等裁判所主席判事)真栄田哲(1989年6月 – 1991年1月 水戸家庭裁判所所長)大城光代(1991年1月

亀川 清長(かめかわ きよなが、1946年 9月29日 – )は日本の元裁判官 。 東京地方裁判所 判事、福岡地方裁判所 部総括判事、那覇地方裁判所所長などを歴任し、2010年に依願退官した。 九州大学卒。

那覇地方裁判所の増田稔所長(55)が25日、着任のあいさつで沖縄タイムス社を訪れた。国税不服審判所長などを経て17日付で着任した。「国民にとって身近で頼りがいのある裁判所を目指したい」と抱負

39期 中山孝雄 1960年3月15日 57歳 2017年6月23日 東京地裁民事部第一所長代行 ( 東京地裁民事部第二所長代行(9民部総括)(保全部) ) 39期 堀内満 1956年11月16日 60歳 2017年6月5日 盛岡地家裁所長 ( 名古屋地裁3刑部総括 )

那覇地方検察庁の更新履歴一覧. 新着情報. 那覇第一地方合同庁舎専用部分に係る電力量計取替業務契約; 令和2年度沖縄法務合同庁舎及び沖縄区検察庁(分室)庁舎総合管理業務請負契約

生年月日 s7.11.3 出身大学 日本大 退官時の年齢 65 歳 叙勲 h14年秋・勲二等瑞宝章 h9.11.3 定年退官 h7.9.29 ~ h9.11.2 横浜家裁所長 h6.3.8 ~ h7.9.28 静岡家裁所長 h

元東京地検特捜部検事、裁判官経験者、弁理士、証券アナリスト、上場会社のIR担当元役員、公認会計士等が結集し、あらゆる法的問題に迅速な対応ができる体制を構築しております。

現職裁判官のほか,法務省に出向している裁判官の期別名簿(49期以上)を掲載しています。

那覇地裁では、高江の抗議行動で往来妨害容疑で逮捕された男女2人に対する 勾留請求を却下、検察の準抗告も却下するという、 良識を踏まえた裁判もなされている。 最高裁には、公正で理論的な手続きと判決を期待したい。

* 締約国日本は、選択議定書(個人救済制度 Individual Communication Procedure)を批准するべきである。 * 締約国は、パリ原則に適合し、締約国が受諾した全ての国際人権基準をカバーする幅広い権限を有し、かつ、公的機関による人権侵害の申立を検討し対処する能力を有する独立した国内人権機構を

[PDF]

2013 年7 月~ 那覇家裁所長 2014 年4 月~ 那覇地裁所長 2015 年3 月~ 知財高裁判事(部総括) Born June 3, 1956 1980.4 Judicial Research and Training Institute 1982.4 Assistant Judge, Tokyo District Court 1987.4~1989.6 Attorney, Administrative Affairs Bureau, General Secretariat, Supreme Court of

松山地方裁判所 歴代所長 島敏男(2001年9月 – 2004年1月 大阪高等裁判所判事)下司正明(2004年1月 – 2005年4月 依願退官)田中信義(2005年4月 – -2006年6月 長野地方裁判所長)春日通

県が発注した識名トンネルの建設工事を巡り、県が不正受給した補助金を国に返還した際に損害が発生したとして、仲井真弘多前知事や当時の県幹部らに返還金の利息分約7178万円を支払わせるよう翁長雄志知事に求めた住民訴訟の判決が19日、那覇地裁であった。

弁護士 加藤幸雄のご紹介。裁判官時代は、民事事件一般を扱っていましたが、特に行政事件や医事事件については専門部の裁判長として事件処理に当たり、また、相続事件や離婚事件についても数多く担当しました。これまでの経験を活かし、適切な助言をしたり、若い法曹との勉強会を行う

シティユーワ法律事務所は、企業法務、金融・証券・保険、m&a、不動産、事業再生・倒産、訴訟・紛争解決、知的財産・it、労働法、国際取引、コンプライアンス、独占禁止法など幅広い分野において国内外のクライアントに対してリーガルサービスを提供するフルサービスファームです。

那覇港(那覇ふ頭地区)道路(空港線)沈埋函製作工事 五洋建設(株)・新日本製鐵(株)・三井不動産建設(株)特定建設工事共同企業体 那覇港湾空港

少し日焼けした顔で抱負を語る。1日付で那覇家裁の所長に就任した。 沖縄勤務は、1990年から92年まで那覇地裁・家裁石垣支部と平良支部の支部

[PDF]

12 福井厚士 ふくいあつし 17 大阪市大 s11.9.16 h13.9.16 4 63 定年3 1年7月16日 1年7月16日 1年4月30日 h12.1.31 東京地裁所長 h10.9.1 浦和地裁所長 h8.8.26 書研所長 s62.4.6 東京地裁部総括(民事部)s58.3.26 司研民裁教官 s56.4.1 那覇地裁3民部総括福井厚士

[PDF]

行役の責任追及をすべきか否かにつき、当社として適切かつ公正に判断することを目的と して、当社の現旧取締役及び執行役と利害関係を有しない中立・公正な外部の法律家から

那覇地方裁判所(なはちほうさいばんしょ)は、沖縄県 那覇市にある日本の地方裁判所の一つで、沖縄県を管轄している。略称は、那覇地裁(なはちさい)。沖縄、名護、平良、石垣に支部を置いている。

こんにちは。坊主です。 今回は、朝山芳史(よしふみ)裁判長を取り上げます。 2019年8月29日、中国籍の女性・于静(ユジン)被告に対する控訴審判決が東京高裁で下されました。 実は、この判決を下したのが朝山裁判長なのです。 朝山氏が裁判長を務める東京高裁では、第一審の「懲役8年

那覇地方裁判所(なはちほうさいばんしょ)は、沖縄県 那覇市にある日本の地方裁判所の一つで、沖縄県を管轄している。略称は、那覇地裁(なはちさい)。沖縄、名護、宮古島、石垣に支部を置いている。

[PDF]

判例評釈 自動車保有を理由とする生活保護廃止処分に対する 国家賠償請求が否定された事例 (うるま市生活保護取消処分国家賠償請求事件・平成20年씝第606号 損害賠償請求事件 那覇地判平23・3・10判

Author: 浩介 丸谷, コウスケ マルタニ, Kousuke Marutani, 佐賀大学経済学部

矢尾 渉(やお わたる、Yao Wataru、1960年9月16日 – )とは、日本の裁判官である。 福岡高等裁判所部総括判事、元東京地方裁判所判事。. パカ弁の天敵であり、東京地裁判事時代に唐澤貴洋を代理人とする発信者情報開示請求を複数回棄却していることからリアルヤーマンと呼ばれている。

藤間森太郎さんのブログです。最近の記事は「主な裁判官の定年予定日」です。

今月21日、沖縄本島の東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場に正当な理由なく侵入したとして刑事特別法違反容疑で6人が逮捕された事件で、那覇署に勾留されている男性の弁護士が勾留理由の開示を求めたのに対し、那覇地裁が応じていないことが29日

矢尾 渉(やお わたる、Yao Wataru、1960年9月16日 – )とは、日本の裁判官である。 福岡高等裁判所部総括判事、元東京地方裁判所判事。. パカ弁の天敵であり、東京地裁判事時代に唐澤貴洋を代理人とする発信者情報開示請求を複数回棄却していることからリアルヤーマンと呼ばれている。

那覇地方裁判所(なはちほうさいばんしょ)は、沖縄県 那覇市にある日本の地方裁判所の一つで、沖縄県を管轄している。略称は、那覇地裁(なはちさい)。沖縄、名護、宮古島、石垣に支部を置いている。

1986年 名古屋地裁判事 1989年 金沢地家裁判事 1992年 司法研修所教官(東京地裁判事) 1996年 名古屋高裁判事 1997年 名古屋高裁事務局長 2001年 名古屋地裁部総括判事 2007年 那覇家裁所長 2008年 金沢地裁所長 2011年 名古屋家裁所長

[PDF]

高裁長官及び知財高裁所長前後の経歴の一覧表 59期弁護士 山中理司(大阪) *1 ①最後の職が最高裁裁判官である人は赤文字表記とし,②最後の職が高裁長官である人は紫文字表記とした。

当法律事務所では、相続トラブル解決に力を入れております。相続問題に本気で取り組む弁護士のプロフィール・メッセージを掲載。弁護士加藤「相続に関する予備知識が全くなくても、じっくりお話をお聞きし、図を書いたりして分かり易く説明いたします。

藤間森太郎さんのブログです。最近の記事は「主な裁判官の定年予定日」です。

[PDF]

国家公務員宿舎法施行令第. 5 条の規定に基づく宿舎事務の委任に係る協議に ついて. 昭和. 54. 年9月29日 蔵理第

今月21日、沖縄本島の東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場に正当な理由なく侵入したとして刑事特別法違反容疑で6人が逮捕された事件で、那覇署に勾留されている男性の弁護士が勾留理由の開示を求めたのに対し、那覇地裁が応じていないことが29日

[PDF]

判例評釈 自動車保有を理由とする生活保護廃止処分に対する 国家賠償請求が否定された事例 (うるま市生活保護取消処分国家賠償請求事件・平成20年씝第606号 損害賠償請求事件 那覇地判平23・3・10判

法務省のホームページです。 平成29年12月1日現在 ※面会受付時間等は,予告なく変更されることがあります。

那覇地裁所長就任の際に、裁判員制度について「裁判官は法律の知識を持った一市民として参加できるのではないか」と述べた 。 関連項目 [ 編集 ] 靖国神社問題

[PDF]

高裁支部長就任者のキャリアパス分析 その経歴的資源に着目して 西 川 伸 一 一《論文要旨》 全国に8つある高裁のうち,4高裁に6つの支部が置かれている。

県警の紹介、各種統計情報、申請手続き、管内警察署の案内。

那覇家庭裁判所を皮切りに同地裁、福岡高裁那覇支部と沖縄の3庁での勤務を経て、昭和52年から62年まで福岡、東京で勤務。 福岡高裁那覇支部長、那覇家裁・那覇地裁・静岡家裁・横浜家裁で所長を務め、平成9年定年退官。

[PDF]

3 3 3 15 17 14 6 8 12 12 18 12 12 4 79 208 87 79 390 あらかわ幼稚園 新川小学校 はとぽっぽ保育園 新栄町保育所 石垣市it事業 支援

裁判官に任官(以後、京都地裁、熊本地裁、大阪地裁、大阪地裁堺支部、那覇地裁で勤務) 1989年 司法研修所刑事裁判教官 1994年 大阪地裁判事 1996年 大阪地裁判事(部総括) 2010年 京都地裁所長

判決日: 表題: 裁判所: 2008/12/26: 999訴訟 盗用認めず220万円賠償命ず: 東京地裁: 2008/12/26: 浜松市議会の政調費 市長に2会派・4万円返還請求措置

1986年 名古屋地裁判事 1989年 金沢地家裁判事 1992年 司法研修所教官(東京地裁判事) 1996年 名古屋高裁判事 1997年 名古屋高裁事務局長 2001年 名古屋地裁部総括判事 2007年 那覇家裁所長 2008年 金沢地裁所長 2011年 名古屋家裁所長

沖縄県知事が辺野古の埋め立て承認を取り消したことに対する代執行訴訟が始まった。最初から国が勝つと決まっている

逆転無罪 【18/4】 ★風営法の廃止届提出義務★1審・札幌簡裁の有罪判決を覆す at 札幌高裁 再審開始決定 【15/2】 ★強姦&強制わいせつで懲役12年×被害証言はうそだった×3年半も服役させられる★ at 大阪地裁 1審無罪 【13/3】 ★背任×被告人はマンション管理組合理事長★ at 大阪地裁

[PDF]

決、②東京地裁判決、③大阪地裁判決ⅱ をそれぞれ紹介しました。 今回は、相続税申告書作成の委任を 受け、契約書を取り交わした所長税理 士のみでなく、申告書を作成した勤務 税理士についても専門家責任が認めら れた最新の東京地裁判決を紹介し

那覇地裁沖縄支部平成16年11月18日判決 -沖縄県内で発生した成りすましによる登記申請事件について- (田中 稔) 東京地裁平成17年3月17日判決 -第一審判決前にされた損害賠償債務の一部の提供・供託の効果- (田中 稔) 資料

国土交通省中部地方整備局発注のトンネル工事を巡り、2件の加重収賄罪と官製談合防止法違反に問われた同局北勢国道事務所(三重県四日市市

那覇家庭裁判所を皮切りに同地裁、福岡高裁那覇支部と沖縄の3庁での勤務を経て、昭和52年から62年まで福岡、東京で勤務。 福岡高裁那覇支部長、那覇家裁・那覇地裁・静岡家裁・横浜家裁で所長を務め、平成9年定年退官。

警察に通報されて逃げたが、間もなく現行犯逮捕された。7月21日に起訴され、9月16日に那覇地裁で懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。逮捕時は病気のため休職中で、職業を明かさなかったが、同僚が報道で気付いたという。 2009/09/17: 沖縄

逆にいえば、東京および大阪高裁管内以外の所長ポストは高裁長官への「経歴的資源」とはほとんどならないのである。 次に、地家裁所長ポスト個々の吟味に移れば、東京地裁、東京家裁、および横浜地裁の3 所長は「三強」所長と位置づけられた。

3).那覇地方裁判所前行動 2.24大集会。山城氏らの釈放を要求する、阿部正幸那覇地裁所長宛決議文。 3.救援要請 ①「山城博治さんたちの早期釈放を求める会」の早期釈放メッセージカード郵送要請紹介 ②救援カンパ要請

那覇地裁: 2011/09/16: 横浜地裁川崎支部: 2011/01/20: 地裁所長襲撃国賠請求 少年への警官暴行等認定し府に賠償命ず

2月24日、「山城博司さんたちの即時釈放を求める大集会」(主催:実行委員会)が、午後3時から那覇地裁前城岳公園で開かれた。10月17日の逮捕から、すでに4か月。依然として拘留が続いている。有刺鉄線を切った、職員を揺さぶりけがを負わせた、ゲート前にブロックを積み上げた、その全て

この「鶴岡稔彦」は、人物に関連した書きかけ項目ですが、内容が不十分です。 この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(ウィキプロジェクト 人物伝、Portal:人物伝)。