青山 幹哉 – CiNii Books 著者

備考(Remarks) 青山幹哉,金子健一,永井英治,林順子,須磨千穎,谷口央ほか14名(126〜140ppを担当) 2001 江南市史 本文編(第三編第一章第一節・第二節) 共著

日本前近代社会における下級官人の研究-真継家を中心として-

「南山の先生-知が広げる世界観-」は南山大学に興味を持ってくださっている方、また学部選びに悩んでいる方に向けて大学の先生達が自分の研究や授業を紹介したものです。

青山幹哉氏の論考「中世系図学構築の試み」を読む 青山幹哉(あおやま・みきや)氏は南山大学の人文学部人類文化学科の助教授(※本稿作成当時。現在は教授)で、専攻分野を「日本中世史・系図学」としており、わが国学究では珍しく系図学専攻を明示されている。

この研究者とorcid idの連携を行いますか? ※ この処理は、研究者本人だけが実行できます。

青山幹哉 「鎌倉将軍の三つの姓」(『年報中世史研究』13) 飯沼賢司 「氏と名字と姓」)『歴史評論』457) 岡野友彦

[PDF]

青山幹哉 はじめに 二〇〇七年度から二〇一一年度まで、私は、南山大学における図書館司書資格科目﹁資料各論﹂︵川崎勝教授︶ 基礎知識を確認し、系図の機能について整理した史料学的な概論である。

研究代表者:青山 幹哉, 研究期間 (年度):2004 – 2006, 研究種目:基盤研究(c), 応募区分:一般, 研究分野:日本史

娘は足利頼氏の側室となって家時を,孫娘清子は足利貞氏(家時子)の室となって尊氏,直義を生み,有力御家人足利氏にその外戚として重用された。現在,鎌倉市明月院に上杉重房木造座像(重要文化財)がある。【青山 幹哉】

[PDF]

かつて近藤成一と青山幹哉は、下文を主従制的支配、下知状を統治権 論じた丹念に分析し、鎌倉殿から執権・得宗へと権力が移行する様相を詳細に的支配に引きつけて理解する佐藤進一の視角をうけ、文書

青山 英夫 / 将軍専制下における管領細川氏の動向(上智史学27) / 1982 青山 英夫 / 「明応の政変」に関する覚書(上智史学28) / 1983 青山 幹哉 / 鎌倉幕府権力試論-将軍九条頼経~宗尊親王期を中心として-(年報中世史研究8) / 1983

年度 Year 論文題目名 Title of the articles 共著区分 Collaboration Classification NeoCILIUS 請求番号/資料ID Request No; 掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date

[PDF]

タイトル 鎌倉幕府における鎌倉殿家政と年中行事 著者 竹ヶ原, 康弘; TAKEGAHARA, Yasuhiro 引用 年報新人文学(12): 92-123

青山 幹哉:名古屋大学文学部 名古屋大学文学部研究論集. 史学 45 pp.285-301 1999-03-31 以上から、青山氏が研究を行っているようです。 論文集が出ているかもしれませんね。 GeNiiやGoogleScholar、国立国会図書館雑誌記事総索引は使えるようになると便利ですよ。

Read: 213

中世武士における官職の受容–武士の適応と官職の変質 / 青山幹哉/p24~41 武家官位制再論 / 池享/p42~63 近世大名の官位叙任過程–対馬藩主宗義倫,義誠の事例を中心に / 鶴田啓/p64~81

[PDF]

・青山幹哉⑤ ・菱沼一憲⑥ の各氏とごくわずかである。⑦ 各氏の研究は、行列の構造分析から幕府の秩序の確立・変遷を解明し 幕府行列自体の考察が欠如している。たという点において評価できるが、幕府行列の成立過程や編成基準など

吉良 義信(きら よしのぶ、生没年不詳)は、室町時代の武将。 三河西条吉良氏(上吉良)5代当主。 幼名は三郎。官位は従四位下、左兵衛佐、治部大輔。 子は義元。 なお、嫡男早世のため家督は嫡孫の義堯に譲った。. 生涯. 応仁の乱が起こると、父吉良義真は三河国の本領を攻撃し始めた

1200-1219 鎌倉時代の僧。 正治(しょうじ)2年生まれ。2代将軍源頼家の子。父の死後鎌倉の鶴岡八幡宮寺別当となる。叔父の3代将軍源実朝を父の仇(かたき)と信じ,建保(けんぽ)7年1月27日八幡宮境内で殺害。 ついで将軍職につこうと三浦義村をたよるが,同日夜義村の配下に討たれた。

尾頭義次伝説の形成とその「記憶」–近世尾張の氏祖伝説 青山 幹哉

中世寺院における系図史料の存在とその理由 青山幹哉 転用される由緒「灰火山社記」―中世出雲国馬来氏の愛宕信仰― 西島太郎 顕如譲状考 金龍 静 中世後期五山派の栄西認識 斎藤 夏来

青山 幹哉「コメント 武家官位の歴史を俯瞰する」 討論記録. 論文 水林 純 「紀州惣菜国下の土豪連合の地域権力的性格─紀伊国名草郡を事例に─」 尾下 成敏「戦国期今川氏と和歌・連歌─地方文化の展開過程をめぐって─」 研究ノート

最近になってはまったくtv等で見なくなった青山光司ですが、注目を集めていた当時は経歴にはとても注目を集めていました。現在は離婚寸前で注目も集まっていましたが、今回その青山光司の経歴について振り返りなが青山光司の愛車や現在の状況についてみていきたいと思います

[PDF]

A009 Q2 12B04-001 日本史B1 青山 幹哉 日本社会の歴史上 岩波書店 780 A010 Q2 13A01-001 文化の比較1 山田 幸代 アイルランド紀行 ジョイスからU2まで 中央公論新社 840 Q2 11B02-001 フランス語II<H>1 OLIVERO,Regis Dominique 人文学部 2,300

「みんなのキャンパス」は大学の授業評価・講義情報サイト。大学の教授・授業・ゼミに対する評価やテスト情報、先輩の

青山 幹哉 先生がいらっしゃる 南山大学 に関心を持ったら 南山大学は、7学部16学科を擁するカトリック系の総合大学です。文系学部には、人文、外国語、経済、経営、法の5学部があり、理系学部には、理工学部があります。

[PDF]

とはいえ、青山幹哉氏の指摘のように、同可能性を指摘されたり、特に海道平氏―奥州藤原氏の部分の記載につい編纂主体となったと思われる鎌倉幕府・北条氏の意図を反映した曲筆の析する。

宣忠の時、本山、大平、山田などの諸族とともに長宗我部兼序を攻め滅ぼし、勢力を拡大する 。 細川氏が力を失った後の土佐においては土佐一条氏を奉じ、宣経の時に一条氏から伊予守に任ぜられ最盛期を迎えた。 宣経は天文年間に周防から宋学の第一人者・南村梅軒を招きいれ、土佐南学の

出身地: 三河国幡豆郡吉良荘
[PDF]

22a08-003(q3)人類文化学基礎演習iib q3 木1 青山 幹哉 22a08-004(q3)人類文化学基礎演習iib q3 木1 中尾 央 22c40-001(q3)東アジア考古学c q3 月2 奥野 絵美 23c35-001(q3)教育心理学 q3 木1 解良 優基 23c74-001(q3)体験学習実践トレーニング q3 月2 他 楠本 和彦

青山 幹哉. アカデミア 人文・社会科学編 (83), 402-388, 2006-06. 2 〈顕わす系図〉としての氏系図–坂東平氏系図を中心に 青山 幹哉

教員活動(青山幹哉) 2019年03月10日 【論文】「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と『浪合記』・『大橋記』」 アカデミア文学・語学編,105, 縦書pp.1-25, 2019年1月31日

教員活動(青山幹哉) 2019年03月10日 【論文】「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と『浪合記』・『大橋記』」 アカデミア文学・語学編,105, 縦書pp.1-25, 2019年1月31日

青山 幹哉 先生がいらっしゃる 南山大学 に関心を持ったら 南山大学は、7学部16学科を擁するカトリック系の総合大学です。文系学部には、人文、外国語、経済、経営、法の5学部があり、理系学部には、理工学部があります。

尾張国真福寺開山能信百年忌法要にみる室町中期の真福寺「一門」 公開日: 2019/08/27 | 23 巻 p. 18-32

[PDF]

青山 幹哉 後藤 明 渡部 森哉 吉田 竹也 新任(日本考古学)※ 藤川 美代子 哲学・科学論 中尾 央 言語学 青柳 宏 谷口 佳津宏 和泉 悠 坂下 浩司 [注意事項] ①今後、ゼミの予備登録に関する情報は人類文化学科合研前に掲示します。

青山幹哉 氏 も「系図がある意図をもって編纂された歴史叙述の資料であることを充分に認識」の上で、「作成の意図を把握し、事実と虚構の歴史叙述を峻別」することの重要性を説かれている*11。

[PDF]

こうした研究動向の中、摂家将軍の「権力」に目を向けたのが青山幹哉氏 ( 1) である。氏はまず「鎌倉 ある。青山氏による「祭祀権」の理解は以下の通りである。(三)人事権の三種とみなすことができ

論文 王朝宮職からみる鎌倉幕府の秩序 / 青山幹哉 / p1~48 (0002.jp2) 論文 藤原頼通政権論–長久荘園整理論争の意義 / 槇道雄 / p49~74 (0026.jp2) 研究ノート 日本中世の自由について / 網野善彦

青山幹哉「中世武士における官職の受容」 池享「武家官位制再論」 鶴田啓「近世大名の官位叙任過程」 箱石大「幕末期武家官位制の改変」 西川誠「明治期の位階制度」 佐々木隆「明治時代の内閣顧問と班列」

所属 (現在):名古屋大学,人文学研究科,教授, 研究分野:日本史,日本史,史学一般,小区分03020:日本史関連,日本文学, キーワード:近世,日本史,竹島,漂流,日朝関係,対馬藩,漂流民,日朝,以酊庵,越境, 研究課題数:14, 研究成果数:68, 継続中の課題:通信使と訳官使の統合的研究―17-19世紀東アジア

[PDF]

2017年度南山学園外における高大連携等実績 【講師派遣】 no 連携先 開催日 担当 所属 取り組み内容 学年 参加人数 1 愛知県立津島高等学校 2017.5.25 山田 哲也 総合政策学科 国際理解を通じて何を理解する

研究代表者:青山 幹哉, 研究期間 (年度):1996 – 1997, 研究種目:基盤研究(c), 応募区分:一般, 研究分野:日本史

①織田氏諸流の興亡と信秀・信長(中世史部会専門委員青山幹哉氏)②織田・今川のはざま-弘治年中西三河の動向(中世史部会専門委員村岡幹生氏)③今川義元と東三河(中世史部会調査執筆委員弘治年間三河における反今川蜂起の主因は?

『十八史略』の教材化と展開―「唐玄宗皇帝」記を用いた授業の展開について

青山幹哉 「中世系図学構築の試み」(『名古屋大学文学部研究論集』39) 秋山喜代子 「養君にみる子どもの養育と後見」(『史学雑誌』102-1)

中世寺院における系図史料の存在とその理由 青山幹哉 転用される由緒「灰火山社記」―中世出雲国馬来氏の愛宕信仰― 西島太郎 顕如譲状考 金龍 静 中世後期五山派の栄西認識 斎藤 夏来

選択された号の論文の94件中1~50を表示しています

青山幹哉「王朝官職からみる鎌倉幕府の秩序」(『年報中世史研究』10、1985年)。 秋山哲雄「都市鎌倉の東国御家人」『北条氏権力と都市鎌倉』吉川弘文館、2006年(初出は2005年)。

[PDF]

とが明らかにされたの時期にあっても全ての事例に適用されるものではないこ安十年(一二八七)頃に限定されるものとされ、さらにこの説は、青山幹哉氏によって文永八年(一二七一)から弘 ( ( 。三浦和田氏の建治分与は青山氏が指

応仁の乱が起こると、父吉良義真は三河国の本領を攻撃し始めた東条吉良氏の吉良義藤の後を追って、応仁元年(1467年)5月18日に京都を発ち三河へ向かった。 その際、子の義信は同行させず、将軍足利義政に近侍させた。. 応仁元年8月18日、細川勝元は将軍に近侍する奉公衆の中に西軍に味方

青山幹哉 人類文化学演習ii及び研究プロジェクト: 教授: 早川正一 考古学概論a 〃 大塚達朗 考古学概論b 〃 伊藤秋男 東アジア考古学a 〃 大塚達朗 東アジア考古学b: 助教授: 西江清高 文化史a: 教授: 早川正一 文化史b 〃 〃 地域の文化と歴史(オリエント) 非

私も、青山幹哉先生による鎌倉幕府御家人の官途に関する研究などから、あらためて学び直してみたいと思っています。 話は変わりますが、先に刊行計画を紹介させて頂いた論集に発表される予定の論文の仮テーマですが、さらに2件のお知らせをいただき

中世史部会–近藤成一「中世王権の構造」,高橋公明「朝鮮外交秩序と東アジア海域の交流」 青山 幹哉,関 周一

中世寺院における系図史料の存在とその理由 青山幹哉 転用される由緒「灰火山社記」―中世出雲国馬来氏の愛宕信仰― 西島太郎 顕如譲状考 金龍 静 中世後期五山派の栄西認識 斎藤 夏来

「みんなのキャンパス」は大学の授業評価・講義情報サイト。大学の教授・授業・ゼミに対する評価やテスト情報、先輩の

尾張・三河武士における歴史再構築過程の研究(平成16~18年度 科研費報告書), 青山幹哉(研究代表者), :39-59, 2007 松島 周一 鎌倉時代の三河と熱田大宮司家

インターネット辞書・事典検索サイト「ジャパンナレッジ」に搭載されている「日本架空伝承人名事典」の協力者一覧です。

青山幹哉「中世武士における官職の受容:武士の適応と官職の変質」 池亨「武家官位制再論」 鶴田啓「近世大名の官位叙位過程:対馬藩主宗義倫、義誠に事例を中心に」 箱石大「幕末期武家官位制の改変」 佐々木隆「明治時代の内閣顧問と班列」

青山俊董著・四六判・238頁・本体1,500円+税 坐禅も人生も、一歩一歩。どんな過去も、今日の生きざまひとつで光ってくる。病気や苦しみをどう受けいれるか。相田みつをや島崎藤村等を引用しつつ、平易な言葉で人生との向き合い方を伝授。

「古史古伝」と「偽書」の謎を読む – 危険な歴史書 – 「歴史読本」編集部 – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

価格: ¥2200

親族と祖先. 義江明子編. 吉川弘文館 2002.11 日本家族史論集 / 佐々木潤之介 [ほか] 編集委員 7. 所蔵館332館