関川夏央 講演会 – イベントカレンダー 2019年1月

関川 夏央(せきかわ なつお、本名は早川哲夫、1949年 11月25日 – )は、日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家で、かつては漫画原作者であった。

講師:関川夏央氏(4月14日)、北方謙三氏(5月12日) 石毛直道氏(6月23日) 2006年後期: 講師:片倉もとこ氏(9月23日)、真野響子氏(10月21日) 上田正昭氏(11月11日) 2006年前期: 講師:赤瀬川原平氏(4月15日)、鶴見俊輔氏(5月27日)

これは「テキストを読むとはどういうことか―漱石にそって」と題された、作家関川夏央の講演会をまとめたものです。情報紙の記事として書いたのですが、面白いので再録

著者: Yojiro

関川夏央氏講演・対談と朗読「こゝろ」を開催 昨年7月に実施した講演会とシンポジウムに続く第2弾として、9日、講演・対談と朗読「こゝろ」のイベントを四谷区民ホール(内藤町87)で開催した。前日の大雪が残る中、350名を超える漱石ファンが集まっ

関川夏央著「昭和三十年代演習」 「人生に影響を与えた」というと何か大げさだし、そもそもまったくたいした人生ではないので恥ずかしいのだが、ちょうど2年前の2013年9月に買った関川夏央氏の「昭和三十年代演習」は、随分久しぶりに買った、仕事関連以外の、ハードカバーの書籍だった。

カテゴリー: お知らせ, サイン会, 講演会・トークショー・サイン会情報 『井田真木子著作撰集 第2集』(里山社)刊行記念トークショー 関川夏央さん× 酒井順子さん対談 「『井田真木子』というジャンル」 3月12日(木曜日)19時~

関川夏央氏新潟大学教育学部付属N岡中学校卒先輩なんだ。単純そんな理由で講演会に参加。第8回上廣歴史・文化フォーラム明治の日本人の生き方行事名】第8回上廣歴史・文化フォーラム【日時】平成22年11月13日(土)13:00~16:00【会場】東京商工会議所ホール(東京都千代田区丸の内3-2-2

Nov 16, 2015 · 11・13日本教育会館ホール。九条の会講演会の中継録画です。鶴見俊輔さんの志を受けついで開かれました。講演は益川敏英、森まゆみ 大江

Amazonで湯川 豊の須賀敦子を読む (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。湯川 豊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また須賀敦子を読む (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常

4/5(7)

今年の2月20日に作家・随筆家である一坂太郎氏を招いて『龍馬の志』の講演会を開催した野田にある興風開館にて、今度は、「司馬遼太郎文学の読み方」という野田文化講演会が開催されます。もうなくられていますが、司馬遼太郎は、あまりにも有名な日本を代表する歴史作家なので改めて

関川夏央氏(作家)、牧村健一郎氏(朝日新聞記者・文芸評論家)、柴田勝二氏、橋本雄一 氏、村尾誠一氏 連続文化講演会「交通する言葉と文化」 2012年1月19日「ゆらぐ肖像、ざわめく言語ー日本植民地期の大連に中国語新聞の広告を観察する」 橋本雄一氏

<関川夏央アンソロジー> 仕事で韓国に渡る機会が多かった大使であるが・・・ 韓国と司馬遼太郎に精通した評論家とも言える関川夏央が気になるのです。 また、歳もちかく団塊世代同士というのも親近感がわく次第です。 関川さんの書籍、評論などを

Nov 14, 2016 · 田中卓郎氏(哲学者)講演『吾が国の現行偽憲法條文に明確に刻まれた惡意』2016.11.13〈歴史・公民〉新東京塾・第1回研修

関川夏央氏(作家)、牧村健一郎氏(朝日新聞記者・文芸評論家)、柴田勝二氏、橋本雄一氏、村尾誠一氏 連続文化講演会「交通する言葉と文化」 2012年1月19日「ゆらぐ肖像、ざわめく言語ー日本植民地期の大連に中国語新聞の広告を観察する」

周期的に読みたくなる須賀敦子と関川夏央,ChoDoku YuSo sometime Travel アウト・トリップ熊本の店主、太田黒 剛のブログです。「朝読夕走」(朝に読み、夕に走る)は造語。

12月3日(日)、川西町フレンドリープラザにて関川夏央さんの講演が開催されます。 ★遅筆堂文庫30周年記念 関川夏央講演会『井上ひさし的「ユートピア」』 遅筆堂文庫が誕生したのは昭和62年。作家・井上ひさし先生から蔵書7万冊の寄贈を受け、町内の農業環境改善センターにて開設されたの

明日、「漱石を語る七夕講演会」というのが四谷区民ホールであり、そこで午後2時から僕の講演「孫が語る漱石」、神田紅さん「講談 夏目漱石」というのがあります。 全席指定で3000円だそうです。資料的なメモを作ったので、貼り込んでおきます。何点か図版を実物投影機で見せながら

Jun 16, 2012 · 今年のテーマは「近代日本の歩みと未来への構図」。作家で評論家の関川夏央氏と大阪大学社会経済研究所教授、大竹文雄氏がそれぞれ講演し、後半は両氏が対談。関西テレビアナウンサー、関純子さんが司会・進行をつとめます。

マーロン・ブランド〈関川夏央 人間晩年図巻 2000年代編 第23回-1〉 2019.10.15 NEW 岩波ジュニア新書『世界の神話』刊行紀念 沖田瑞穂先生トーク&サイン会

日本人と日本のあり方を問い続けた作家、司馬遼太郎さんをしのぶ「司馬遼太郎記念学術講演会」を6月16日に開催します。 今年のテーマは「近代日本の歩みと未来への構図」。作家で評論家の関川夏央氏と大阪大学社会経済研究所教授、大竹文雄氏がそれぞれ講演し、後半は両氏が対談。

創立者の一人として、何か記念イベントをやってはどうかと思い、先ごろ「ソウル薩摩会10周年記念文化講演会/司馬遼太郎と韓国・朝鮮・薩摩―小説『故郷忘じがたく候』を中心に」を開催した。講師は関川夏央

平川ラジオ:関川夏央「昭和のエートスについて語ろう」(全巻セット) 関川夏央(作家) 平川克美(文筆家 隣町珈琲店主 ラジオデイズ・プロデューサー) 価格: ¥367. セット内容 (単品の詳細・購入は商品

作家の関川夏央さんは、昭和で数えるといまはとよく年号を置き換えてみるそうだ。以前の著書「家族の昭和」で

May 01, 2018 · 関川夏央と谷口ジローのコンビによる、明治時代のマンガです。ためになり、面白い、お勧め本であります。双葉社のアクションコミックスとして1987年に初版が発行され、双葉文庫にも入

関川夏央『おじさんはなぜ時代小説が好きか』 別冊宝島編集部『藤沢周平の本』 藤沢周平ほか『藤沢周平 心の風景』 文春ムック『「蝉しぐれ」と藤沢周平の世界』 福沢一郎『知られざる藤沢周平の真実–待つことは楽しかった』 佐高 信・高橋敏夫『藤沢

記念講演会 関川 夏央氏「漱石作品の最初の読者は子規」 【共催】くまもと文学・歴史館友の会 熊本県立図書館 くまもと文学・歴史館 熊本県文化協会

「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。 オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。また、ラジオデイズスタッフのブログをこちらで閲覧できま

投稿ナビゲーション ← 前へ 次へ → 『井田真木子著作撰集 第2集』(里山社)刊行記念トークショー 関川夏央さん× 酒井順子さん対談 「『井田真木子』というジャンル」 3月12日(木曜日)19時~

Tweet Check 第71回 声のライブラリー 朗読 岩阪恵子氏、関川夏央氏、楊逸氏 司会 佐藤洋二郎氏 日時 2012年11月10日(土) 2:00~4:00 会場 日本近代文学館 ホール 定員 100名 受講券 3000円 岩阪恵子

新潟県出身の人物一覧(にいがたけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する新潟県出身の人物の一覧表である。

『ヨーロッパ退屈日記』の文庫版解説に関川夏央さんがみごとな伊丹十三論を書いていましたが、これはほんとうに例外的な仕事だったと思います。 特に、伊丹十三の「世代的な傾向」について論じたものは管見の及ぶ限り存在しません。

11日、漱石講演会(npo法人漱石山房主催)での、関川夏央氏の講演、エピソード豊かで、 なかなか面白かった。 曰く、「夏目漱石の読者との相対性、客観性、ユーモア」は、卓越している。 その大前提としての、深い洞察を表現する語彙の豊富さ。偉大だ。

「合理の人」のもうひとつの側面 解説・解題 関川夏央. 担当編集者より + 伊藤博文は、ヨーロッパ近代社会がキリスト教に支えられている事を知り、日本の宗教にはそのような構築性はないと考えて「万世一系ノ天皇」を打ち出した。

Tweet Check 第71回 声のライブラリー 朗読 岩阪恵子氏、関川夏央氏、楊逸氏 司会 佐藤洋二郎氏 日時 2012年11月10日(土) 2:00~4:00 会場 日本近代文学館 ホール 定員 100名 受講券 3000円 岩阪恵子

投稿ナビゲーション ← 前へ 次へ → 『井田真木子著作撰集 第2集』(里山社)刊行記念トークショー 関川夏央さん× 酒井順子さん対談 「『井田真木子』というジャンル」 3月12日(木曜日)19時~

竜馬50年(7) 司馬遼太郎記念学術講演会 平成24年度大阪大学司馬慮太郎記念学術講演会(主催:大阪大学、共催:産経新聞社/関西2100委員会)は6月16日にサンケイホールブリーゼで開催されまし

台風12号到来のなか文化講演会へ。1949年生まれの関川夏央氏 漫画原作「坊ちゃんの時代」で手塚治虫文化賞の、「樋口一葉」本名夏子(1872明治5-1896明治29年24才6ヶ月)の短くも儚い生涯を辿るのは専門家の向学な研究ゆえ興味深かった。父親が亡くなり家長として母と妹で貧困のなか小説で生活を

昨日、ソウルで関川夏央さんの講演会があったので 出かけてきました。 関川さんは、作家、文芸評論家として知られている方で 『ソウルの練習問題』や『司馬遼太郎の「かたち」』などの作品を書かれてい

人気漫画「孤独のグルメ」などで知られ、2月に69歳で死去した漫画家谷口ジローさんが闘病中に描いた未発表の遺稿が見つかった。小学館が30日

2005年10月にあった講演会では、憲法への熱い思いを語っています。 「私は戦争の中で生きてきました。戦争が自分の中に遺(のこ)したものが、私を憲法9条を守る方向へ持っていったんです。私は1億人の中の一人になっても、やりますよ。

[PDF]

関川夏央(作家) 原田 光(神奈川県立近代美術館主任学芸員) 司会: 小見秀男(当館学芸課学芸係副参事) 1994. 10/29 ミュージアムコンサート 美術館で聴く美しい音色 森田佳子ピアノリサイタル 当館講

今回は作家・評論家の関川夏央氏と大阪大学社会経済研究所教授の大竹文雄氏が「近代日本の歩みと未来への構図」をテーマに講演と対談を行いました。 約800名もの多数の方にご出席いただき、誠にありがとうございました。

「夏目漱石 如月講演会 ~時を超えて受け継がれる心~」を開催します。 入場料 2000円 (全席指定) 開演 午後1時半 開場 午後1時 第一部 講演 「漱石と子規の交遊」 作家 関川夏央(せきかわなつお)氏

昨日の講演会の内容。始めに、u先生の、最近、「文学」の先細りが叫ばれる中で、私たちは(パネラーの教授陣を指して)絶滅危惧種なわけですが、今日は、メディアで言われているような「文学」と私たちが思う「文学」ということは違う、といった、言葉の捉え直しも含めてお話していき

文化講演会. nhk r2(ラジオ第2 関川夏央: 作家: 2015/09/23: 君たちはどう生きるか~生きる意味について考える

新潮文庫 20世紀の100冊 関川夏央 新潮新書 先日同年代の友人としゃべりながら、昔はひっしで「新潮文庫の100冊」を片っ端から読んだもんだよね、なんて話をしていたら、これ読みたくなってダウン

きょうの産経新聞朝刊に「司馬遼太郎記念学術講演会「近代日本の歩みと未来への構図」(1面をすべて使った特集)が掲載されています。作家・評論家 関川夏央氏、阪大教授 大竹文雄氏の基調講演、お二人+司会の対談要旨がまとめてあります。

松本清張を遅れてきた「プロレタリア文学だ」と言ったのは、関川夏央だが、確かに清張は、戦前の若いときは左翼系文学サークルにいたようだし、作品もプロレタリア文学的である。ただ、松本清張が単純左翼ではないのは、彼の作品では、下層の者は必ずしも善玉

[PDF]

本日の第1部は、『「坊っちゃん」の時代』(谷口ジロー共著)でも知られる、作家の関川夏央さんの講 演「漱石と明治の文学界」、そして、第2部では、漱石の『こゝろ』1 0周年にちなみ、俳優の榎木孝明さ んに作品の一部を朗読していただきます。

姫路文学館公式ホームページ。施設のご案内、交通案内、年間行事予定、特別展、イベント、和辻哲郎文化賞、主な収蔵資料、館発行の刊行物・図録、友の会などを紹介。

本日のプログラムは作家・関川夏央氏による「漱石と子規の交友」と題する講演、元 tbsアナウンサー・近藤美矩氏による寺田寅彦作「夏目漱石先生の追憶」朗読、そし て落語家・柳家権太楼師匠の「『漱石の愛した落語』より」であった。

共産党が主催するジェンダー問題の学習会に参加した。講師は共産党中央委員会 政策委員会事務局次長・坂井希である。 www.jcp-kyoto.jp (上記の京都の講演会ではないが、各地で行われている同趣旨の講演に参加した) 会場では「年配者の多い党支部では、どう学習したらいいかわからない」と

増田俊也氏の講演会に行く,ChoDoku YuSo sometime Travel アウト・トリップ熊本の店主、太田黒 剛のブログです。「朝読夕走」(朝に読み、夕に走る)は造語。

さて、気持ちを入れ替えて、と。 続けて翻訳の問題について。私はロシア語を一語も解さないので、翻訳の是非について、特に巷で起きているような誤訳問題については何一つ意見を言うことはできない。

『事件屋稼業 trouble is my business』(じけんやかぎょう)は原作・ 関川 夏央、画・谷口ジローによる漫画。1979年12月から1980年4月まで「漫画ギャング」誌に掲載された。

Amazonでの竹中労—没後20年・反骨のルポライター (KAWADE道の手帖)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また竹中労—没後20年・反骨のルポライター (KAWADE道の手帖)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

「知識人99人の死に方―もうひとつの戦後史」(角川書店 1994年12月 isbn 978-4048410120) 関川 夏央、神保龍太、末藤浩一郎、猪瀬直樹、都築響一、武田徹、大曲正幸ほか著。 「20世紀の妖怪の正体―共産主義とは何なのか」(角川書店 1995年2月 isbn 特別機動捜査隊

1. 第50回高校生のための文化講演会: 文部科学省、各都道府県教育委員会、集英社の後援、新聞社との共催で実施。

貴ノ花満(初代)〈関川夏央 人間晩年図巻 2000年代編 第25-2回〉 関川夏央 人間晩年図巻 2000年代編 「web岩波 たねをまく」について

関川 夏央 (作家・評論家) 〃 戸田 裕一 (博報堂取締役会長) 〃 中村 桂子 (JT生命誌研究館館長) 〃 村井 実 (慶應義塾大学名誉教授) 〃 矢嶋 進 (王子ホールディングス代表取締役会長) 〃 山下 秀樹 (元集英社代表取締役社長)